基本情報

国名 中  国
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 香港中文大学 
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 中国語
学年
留学時学年を選択
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2012-9-01
終了 2013-5-01

留学前

留学の目的 英語、中国語で議論できるレベルに達すること。また、広東語で日常会話ができるようになること。本学では受講が難しいビジネス系の授業を受講し、その基礎を学ぶこと。
求められた語学力
英語TOEFL 60
英語
その他
レベル 以上 / 程度
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP http://www.cuhk.edu.hk/english/index.html
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 大学側から指示があります
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 安めの往復航空券を買い、帰りの分は捨てました
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 事前に登録しますが、修正期間は9月です
入寮申込みを始めた時期 3月
入寮申込み方法 大学側から指示があります
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 JTBの保険に入りました
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
前期開始
10月
中間試験
12月
期末試験(終わり次第休み)
1月
後期開始
2月
旧正月休み(10日ほど)
3月
中間試験
4月
イースター休み(1週間ほど)
5月
期末試験
留学生科目
科目名 Communication skills on business topics
使用言語 中国語
科目名 News media & Presentation
使用言語 中国語
科目名 Communication skils & Presentation
使用言語 中国語
科目名 Oral skills practice 2
使用言語 広東語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 Marketing management
使用言語 英語
科目名 Principles of management
使用言語 英語
科目名 Chinese business & Culture
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
家賃 15万
支払い方法 銀行振込
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人)
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間
応募方法 大学側から指示があります
近隣施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設) その他 (                                )
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 その他 (                                )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安くて量も多い。夜中2時まで営業している食堂も。
図書館の評価
図書館についてのコメント 学習スペースが新設されとても綺麗。24時間空いている場所も。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント Wi-Fiが使えます。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント とても新しく、本や文房具が充実しています。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 割と親切です。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 素晴らしかったです!
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・寮でのcommunal dining
・友人と出掛ける
Weekend(休日の過ごし方) ・友人と出掛ける
・香港外語会への参加
・近隣国へ旅行
おすすめスポット・旅行先など
・アジア諸国まで大変近く、とてもお得に行くことができます。
・中国大陸の深圳まで電車で30分ほど。
・香港内をローカルの友達に案内してもらうのはとても楽しかったです!
目標
・友達との交流や授業を通して英語を勉強、TOEICが80点ほどアップしました。
その成果1
・HSK6級を獲得しました。
その成果2
・かけがえのない友達ができました。
その成果3
今後の課題
英語、中国語、広東語力の維持・向上。
・友達との交流の維持。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・冬服をたくさん送ってもらったが、コートやジャケットなどは特に必要なかったです。

帰国後

進路予定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 外資系金融
後輩へのアドバイス
留学中の生活に関して:私はとにかく前期には学業に身を注いで、予習復習にも力を入れました。息抜きに友達と遊んだり、週末に近くの国に旅行したり。とても有意義でした。後期になると、友達と過ごす時間がとても惜しく感じ、友達との時間を最優先。学業にはそれほど力を入れませんでした。今考えると、少し反省するに値します。しかし、そこで出会った友達とは今でも気軽に連絡を取り、留学時同様、相談したりされたりしています。留学の醍醐味はかけがえのない友達に出会えることかもしれないと強く感じています。
就職に関して:私は4年卒業という少し大変な道を選びました。なぜなら自分には学問の追究より、身体を動かしながら働いている方が合うのではないかと感じているからです。留学から帰国後、私はすぐに留学生や留学帰りの学生をターゲットにしたジョブフェアに参加しました。幸いにも私はそこで内定を頂くことができました。そのジョブフェアでは、選考のプロセスも素早く、効率的に企業の選考を受けることができます。なので、特に4年卒業を目指している人は、留学から帰国後、ぜひその様なジョブフェアを利用したら良いのではないかと思います。
質問などがあれば気軽に連絡してください!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.