基本情報

国名 フランス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 フランス国立東洋言語文化学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 フランス語
学年
留学時学年を選択
留学先
学部 日本語
留専攻
留学期間
開始 2012-9-01
終了 2013-5-01

留学前

留学の目的 日仏の比較文化。フランス人から見た日本像を学び、外部の視点から日本の何が興味深いのか、何が特別なのかを知ること。また、卒論でとりあげる諷刺画について新聞や雑誌を通して調査すること。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 フランス
レベル DELF・TCF B1       以上 / 程度
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP http://www.inalco.fr/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 航空会社のホームページから購入
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法
入寮申込みを始めた時期 7月
入寮申込み方法 大学近くの寮が斡旋されるので、寮の管理人に書類などを送る
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 7月
保険加入方法
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 部活退部後に外部の会話講座を利用
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
留学生オリエンテーション
10月
前期授業開始
12月
冬休み
1月
前期試験
2月
後期授業開始
4月
春休み
5月
後期試験
留学生科目
科目名 Compréhension Orale et Écrite
使用言語 フランス語
科目名 Production Orale et Écrite
使用言語 フランス語
科目名 Rédaction
使用言語 フランス語
科目名 Lecture de texte
使用言語 フランス語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 Interprétation
使用言語 フランス語
科目名 Relation Internationale
使用言語 フランス語
科目名 Sociologie
使用言語 フランス語
科目名 Version
使用言語 フランス語
科目名
使用言語
居住環境
家賃 890ユーロ
支払い方法 口座引き落とし
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 0
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 5
応募方法 大学から斡旋
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) その他 (                                )
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 その他 (                                )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント Caféteriaは安価で味もそこそこ
図書館の評価
図書館についてのコメント 2012年に新しくできた綺麗な図書館
インターネットの評価
インターネットについてのコメント WI-FI未対応
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 学内に無し
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 留学生担当の先生がサポートしてくれます
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・図書館で勉強
・友人とパリのレストランへ
・美術館巡り
Weekend(休日の過ごし方) ・スポーツ観戦
・パリ郊外へ遠出
・友人とパーティ
おすすめスポット・旅行先など
・パリに点在する美術館。常設展以外にも多くの魅力的な企画展がある。
・南仏。夏季バカンス中はホテルや交通費が高くなるので、冬季がおすすめ。
目標
・フランス語の習得
その成果1
・卒論に関する文献の調査、読み進め
その成果2
その成果3
今後の課題
・さらなるフランス語の上達。仏検やDELF・DALFの習得など具体的に目標を設定する。
・フランスで購入した文献を読み、卒論をまとめる。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・語彙力の不足。日本でもっと時間を割くべきだった。

帰国後

進路予定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
留学、語学学習は楽しむべきとよく耳にします。とはいえ、全員がそのようにできるわけではなく、様々な人種、多様なバックグラウンドを持つ人間と交流し、異なる文化の中に身を置くことを、楽しめるならばそれは才能の一つだと思います。私自身、外に出るよりも家に籠っているのが好きな自分の非社交的な性格が嫌で、一つ日本から出てみようと思ったのが外大を選んだきっかけです。そう考えると1年の留学は一つ目標をクリアしたことになるでしょう。しかし、留学をすれば勝手に明るい性格になって帰ってくるわけでは当然ありません。フランス語の力が足りず、うまく話せない自分に常に不満を感じながら、どうやって楽しんで会話ができるかを考え無理やりにでも社交的な人間になること。毎日へとへとに疲れますがそれ自体が経験になるはずです。                INALCOには、世界各地の留学生が言語学習のために集まってきます。彼らともフランス語で話すことになるので、積極的に友達を作ると毎日の授業も楽しくなると思います。フランス人学生も、言語習得する難しさをわかっているので、気を付けて話しかけてくれます。自分次第で何人でも友人を増やすことができるのがINALCOで留学するメリットです。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.