基本情報

国名 ドイツ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ゲッティンゲン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ドイツ語
学年
留学時学年を選択
留学先
学部 歴史
留専攻
留学期間
開始 2012-9-01
終了 2013-8-01

留学前

留学の目的 ドイツ語能力の向上させ、公式試験を受けて資格を取る
ドイツ人学生、また他国の留学生との交流を通し、さまざまな文化や言葉にふれる
卒論テーマの決定、資料集めを行う
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル 以上 / 程度
情報収集方法
先輩
HP
その他 留学体験記
参考になるHP ゲッティンゲン大学のHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 現地でのビザ申請に必要な経済能力証明書などの書類をそろえる
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 往復券の方が手間が少ないと思い往復で購入したが、あと
から考えれば片道ずつでも全く問題なかった。
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 実際に受ける授業を決めるのは学期が始まってから
入寮申込みを始めた時期 7月
入寮申込み方法 送られてくる書類を確認し、署名する
住居探しを始めた時期
住居探し方法 定められた寮に入れば良いため、自分で探す必要なし
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 現地で入ることは義務なので、現地で適用できる保険に
日本で入っておくのが一番良いと思われます。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期
語学強化方法 単語の復習、またメールでのやりとりが多かったため書く練習を中心に
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
秋の語学コース
10月
レベル分けテスト、冬学期開始
11月
12月
下旬~冬休み
1月
上旬~授業再開
2月
冬学期終了、春休み
3月
春休み
4月
上旬~夏学期開始
5月
6月
7月
中旬ごろ夏学期終了
夏休み
留学生科目
科目名 ドイツ語コース
使用言語 ドイツ語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 Philosophie der Moral
使用言語 ドイツ語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
家賃 20,000
支払い方法 自動振り込み
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人) 13
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 10
応募方法 定められているため応募不要
近隣施設 スーパー
その他の近隣施設) その他 (                                )
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 その他 (                                )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 ほぼ問題ないと言えるが、油断は禁物
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 昼時は混むものの安いので便利
図書館の評価
図書館についてのコメント カフェが併設されていて頻繁に利用した
インターネットの評価
インターネットについてのコメント WiFi利用可能なのは便利だが一部使えない場所も
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 留学生担当の人は質問に丁寧に答えてくれる
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・授業の課題
・友達やタンデムパートナーと料理、食事
・スポーツ、フィットネス
Weekend(休日の過ごし方) ・勉強
・小旅行
・映画鑑賞会、パーティー他
おすすめスポット・旅行先など
・学生証で無料で行ける町はぜひ行っておくと良い
・ハノーファーは買い物に便利
目標
・ドイツ語能力の向上
その成果1
・ドイツ人学生、留学生との交流
その成果2
・卒論のテーマ決定、資料集め
その成果3
今後の課題
・留学中に身についたドイツ語感覚を忘れないように、日々ドイツ語にふれる
・卒論のテーマをしぼっていく
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・とにかく単語はたくさん覚えるにこしたことはないと思った(特に役所・銀行・スーパー等で必要な単語)

帰国後

進路予定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 未定
後輩へのアドバイス
具体的な目標を持って留学するか否かで、一年間の充実度に大きく差が出ると思います。留学先で何をしたいか、何を身につけたいかが行く前にしっかりと定まっていれば、慣れない土地での困難もきっと乗り越えられるはずです。また、留学先での出会いもとても貴重なものになります。ぜひ積極的に他の留学生や現地の人々との交流の場に足を運んでみてください。たとえ留学中は気がつかなくても、必死にもがいた経験は後々必ず生きてきます。私自身、ドイツ語会話に対する苦手意識が高く悩んだ時期も少なくありませんでしたが、授業中は進んで間違えようと開き直れたこと、気の合う友達に出会えたことなどを通して、次第に気にならなくなりました。何よりもせっかくの留学、思う存分楽しんでください!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.