基本情報

国名 ロシア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ロシア国立人文大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語(ロシア)
学年
留学時学年を選択
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2012-9-01
終了 2013-6-01

留学前

留学の目的 ロシア語力の向上、卒論テーマの絞込み
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 ロシア
レベル 以上 / 程度
情報収集方法
先輩
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 大学から送られてくる招待状を受け取り大使館で申請。
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅行代理店。 インターネットの方が安くておすすめ。
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 現地でのクラス分けテストによって自動的にクラスと授業決定。
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法 不要。
住居探しを始めた時期
住居探し方法 不要。
保険に加入した時期
保険加入方法 大学の説明会で資料をもらった保険会社の留学保険。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 受けなかった。
語学強化を始めた時期
語学強化方法 3年前期の表現演習を多めにとる。
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
前期開始 クラス分けテスト
10月
11月
12月
学期末テスト
1月
冬休み
2月
後期開始 クラス分けテスト
3月
4月
5月
学年末テスト 授業修了
6月
留学生科目
科目名 ロシア語(文法、読解、会話、手紙)
使用言語 ロシア語
科目名 マスメディア
使用言語 ロシア語
科目名 音声学
使用言語 ロシア語
科目名 ロシア文化
使用言語 ロシア語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 日本語
使用言語 ロシア語・日本語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
家賃 0
支払い方法
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人)
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 1
応募方法 現地に着いたら用意されていた。日本にいる間は何もせず。
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) その他 (                                )
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 その他 (                                )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 味の割には高いかも。
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予習復習
習い事
友人と会う
Weekend(休日の過ごし方) アルバイト
友人と会う
モスクワ近郊、ロシア国内外旅行
おすすめスポット・旅行先など
モスクワ:グルジア料理屋さん、ハチミツ市場
国内:サンクトペテルブルク、ヨシカルオラ、バイカル湖
国外:ウクライナ
目標
・ロシア語検定試験трки
その成果1
・何事にも積極的に挑戦してみる
その成果2
・習い事
その成果3
今後の課題
・ロシア語をいかに忘れずに保つか

直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・単語力

帰国後

進路予定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
私が留学する際、ロシア国立人文大学に関する情報が全然なく困ったので、この大学はどんな大学なのだろうと思っている方に少しでも役立てれば幸いです。人文大の特徴を一言で言うとしたら「自由」です。良くも悪くもとにかくゆるくて自由な大学です。授業数も他の大学に比べ少なく、授業内容もтркиのような試験は念頭においておらず、ゆるく楽しくロシア語を学ぶ感じです(先生によってはтркиを知りません)。先生は皆優しく丁寧に教えてくれるのでおすすめです。クラス分けテストで決められる授業のみだと暇な時間が多いのでプラスで講義を増やすことも可能ですし、その時間を使ってモスクワ市内を散歩したり、友人に会ったり、博物館・美術館巡り、バレエ鑑賞をしたり、習い事をしたり…と自分の好きなようにさまざまな過ごし方ができます。長期休業も非常に長いのでその期間を使って国内外さまざまな場所に旅行に行くことも可能です。 また、人文大といったら「日本人が少ない」というのも特徴の一つだと思います。ヨーロッパ圏からの留学生が大多数でそもそもアジア人が少ないので日本人はさらにいません。寮が大学の敷地内にあるのでロシア人学生との接点も持ちやすく、生のロシア語が日常的に耳に入ってきます。生きたロシア語に触れたり話したりする機会は非常に多く、たとえ嫌だとしてもロシア語を使わざるを得ない環境が人文大にはあります。留学中に語学だけではなくいろいろなことに挑戦してみたい方、いろいろな場所に行ってみたい方におすすめだと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.