基本情報

国名 アメリカ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ニューヨーク州立大学オルバニー校 
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北西ヨーロッパ)
学年 5
留学時学年を選択 4
留学先
学部 n/a
留専攻 n/a
留学期間
開始 2015-08-26
終了 2016-05-14

留学前

留学の目的 専攻の政治学に関連する講義を、海外のアカデミックな環境の下で体験するのと同時に、卒論や大学院進学後の研究に資するような、資料の収集及び関連講義の履修。しかし、後述するように、目的が達成されたとは言えない。
求められた語学力
英語TOEFL 80程度
英語 IELTS 6.0
その他 TOEFL PBTでも可能らしいが、iBTが無難。
レベル
情報収集方法
友人
HP
その他 大学から送られてきた資料
参考になるHP 大学のHPにいけばいろいろと書いてある
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 YouTubeでやり方のビデオを見ると楽
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 親に頼んだ
履修登録を始めた時期 6月
履修登録方法 大学の個人用ページから。許可書を貰い次第登録可
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 ウェブを通じて希望する寮を申込めるが、希望通りになることは稀
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 留学先大学と外大が勧める保険計2つに加入。
予防接種を受けた時期 6月
予防接種の種類 Mumps,measles,rubellaなどあったが、夏休み前は大変混んでなかなか予約が取れないことも多いので、なるべく早めに接種するべき
語学強化を始めた時期
語学強化方法 特に何もしてない
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
末頃に秋学期開始
10月
授業によっては中間試験がある頃
11月
Thanksgivingで連休有
12月
クリスマス前頃に期末試験、その後約一ヶ月の冬休み
1月
末頃に春学期開始
3月
授業によっては中間試験がある頃。一週間程の春休み有
5月
第一周~二週頃に期末試験が有り、留学終了
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 International Conflicts and Security
使用言語 英語
科目名 International Economic Relations
使用言語 英語
科目名 Nationalism and Nation-Building
使用言語 英語
科目名 Emergency Preparedness, Homeland Security & Cybersecurity
使用言語 英語
科目名 Aztec, Inca and Maya
使用言語 英語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 月12万程
支払い方法 学期初めに、学期分一括クレジットで
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 たまに自炊かデリバリー。めんどくさい時は食べない
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 近くはないが遠くもない。バスが出てる
大学までの所要時間 徒歩で15分、バスで3~5分
応募方法 事前にウェブで
その他の近隣施設) 20分程歩いたところにあるstuyvesant plazaには、薬局、郵便局、飲食店などある
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
クローゼット(共有)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 麻薬等ドラッグをやっている人やディーラーもいるらしく、頻繁に警察が来ていたので気をつけること
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 高いうえにまずい。食べないほうがマシとも思えるほど
図書館の評価
図書館についてのコメント 平凡
インターネットの評価
インターネットについてのコメント Wi-Fi利用可だが、教室によっては全く繋がらないとこもある
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント ブックストアとは名ばかりで、本はほとんど置いていない。勉強に対する姿勢が如実に見て取れる
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 頼めばサポートしてくれるらしい
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 良いとはいえない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 翌日の授業の課題や院試に向けての勉強兼読書。WalmartやWhole Foods、Asian Marketで食材などの買い物。
Weekend(休日の過ごし方) 基本的に放課後の過ごし方と変わらず。
おすすめスポット・旅行先など
マンハッタンにある美術館。個人的に好きだったのは、メトロポリタン美術館と、アメリカ自然史博物館。ニューヨーク州ではないがBostonは良い雰囲気だったし、カナダのMontrealは洗練された街並みが良かった。日本からは遠すぎて行こうとは思わないアイスランドも、ニューヨークからだと5時間ほどで行けるので、一度行ってみるのもおすすめ。ただ、当たり前だが寒い。
目標
専攻や専門に関して学ぶ
その成果1
院試に向けた勉強をする
その成果2
卒論を進める
その成果3
今後の課題
院試に向けた勉強と、卒論。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
特になし。

帰国後

進路予定
進学(国内)
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
率直に言うと、大学のレベル、授業のレベル、学生のレベルは全体的に低いので、多少なりとも勉強しようと思っている学生が留学するところではない。ただ英語でコミュニケーションを取りたい、パーティ漬けの日々を過ごしたいというのであれば、それなりに楽しめそうだが、それでも特別オルバニーを選ぶ理由にはならない。最終的には個人がどう感じるかということになろうが、ここには書ききれないので詳しく聞きたい人がいれば気軽に連絡して欲しい。また、一緒に留学をした同期あるいは後輩の話も聞きたいならば、僕の方から頼むこともできるので、遠慮なく教えてもらいたい。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.