基本情報

国名 アメリカ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ニューヨーク州立大学オルバニー校 
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北アメリカ)
学年 5
留学時学年を選択 4
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2015-08-26
終了 2017-05-14

留学前

留学の目的 英語力向上
外国人としての生活を体験し、ゼミでの学びに活かすこと
求められた語学力
英語TOEFL 79
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 大使館
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 自分で
履修登録を始めた時期 5月
履修登録方法 オンライン
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 オンライン
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 大学で
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 髄膜炎
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期 8月
その他の準備内容 買い物等

留学中

学年暦
8月
オリエンテーション、秋学期授業開始
11月
サンクスギビング
12月
Final、冬休み
1月
春学期授業開始
3月
春休み
5月
Final
留学生科目
科目名 ENG 226
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Survey of Art in Western World
使用言語 英語
科目名 Rock Music in Historical Perspective
使用言語 英語
科目名 Intercultural Communication
使用言語 英語
科目名 Language and Social Action
使用言語 英語
科目名 Modern Art
使用言語 英語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 120万/年
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 アパートタイプだったので自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩10分程度、シャトルバスあり
応募方法 オンライン、希望したのとは違うところだった
近隣施設 郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 シャワー(共有)
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 特に危険には感じなかったが用心は必要
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント ミールプランは高いしフードコートも高い上においしくない。
図書館の評価
図書館についてのコメント 勉強するスペースは多いがあまり利用しなかった。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 大学の構内も部屋もWi-Fiがあるがたまにつながりづらい
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント ほとんど利用しなかった。教科書はレンタルできる。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント アパートタイプの寮だと買い出しに行かなければならないのにそれが遠く、不便だった。大学内で何か買おうとすると高い。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 課題をやって、家事をする。特にやることもなく早々に就寝。
Weekend(休日の過ごし方) 勉強や買い物など。たまにNYCに行ったりした。
おすすめスポット・旅行先など
マンハッタンまではバスで3時間半くらいなので週末に行こうと思えば行ける。ボストンも同じくらいで週末に訪れた。
フィラデルフィアはお勧め。街がそれほど大きくなく、散策にも良い。オルバニーからはバスを乗り継いで6時間程度。
美術館巡りをしたが、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、ボストン美術館、シカゴ美術館、フィラデルフィア美術館はコレクション数も多く圧巻。クリーブランドのロックの殿堂ミュージアムもおすすめ。
目標
英語力の向上
その成果1
外国人としての生活を体験する
その成果2
その成果3
今後の課題
英語のライティング、スピーキング力を落とさないようにすること。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
アパートタイプの寮だったため、家事を全て自分たちでやらなくてはならないが、周囲との美化意識の差に苦しんだ。汚いところが平気な人なら問題はないが、そうでなかったので相当大変だった。一年間部屋のトイレ掃除をした。
大抵のものは現地で買えるのであまり多く物を持って行かない方がいい。むしろ日本のお菓子など、自分の好きな食べ物を持っていくといいと思う。基礎化粧品などもアマゾンやマンハッタンで買えるので問題ない。就活のある人は履歴書やスーツ、A4サイズの封筒がある方がいい。アメリカは謎のレターサイズというのしかなく困った。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 内定している
後輩へのアドバイス
海外から就活をするのは結構大変でした。早期に帰国した人もいましたが、留学中に就活をしたい人はきちんとスーツや写真など用意した方がいいと思います。外国人と共同生活をすると、思いもよらないトラブルが発生することもあります。常に相手の立場でものを見て、寛容な心を持てるとストレスも減ると思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.