基本情報

国名 イギリス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 マンチェスター大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北西ヨーロッパ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2015-09-15
終了 2016-06-20

留学前

留学の目的 政治学の履修
英語力の向上
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 IELTSトータルスコア6.0以上(※各スコア5.5以上)
レベル
情報収集方法
友人
先輩
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 インターネットから情報を送信し、後日ビザセンターで受け取り手続き。
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 インターネットで予約。
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 現地到着後、大学から指定された方法で履修登録。基本は向こうの留学生課を通して登録。
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 インターネットから。ただし、6月末だと良い条件の寮は少なくなる(Wifi有や大学に近いなど)。
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 外大の留学生課の掲示板からお知らせがある。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
月末から前期開始
12月
中旬からおよそ一か月クリスマス休暇
1月
休暇明け後2週間のテスト期間
2月
月初めから後期開始
3月
下旬から3週間のイースター休暇
4月
後期再開
5月
下旬から6月上旬にかけて2週間のテスト期間
6月
帰国
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Introduction to International Relations
使用言語 English
科目名 British Politics: Power and the State
使用言語 English
科目名 Introduction to Comparative Politics
使用言語 English
科目名 Introduction to Political Theory
使用言語 English
科目名 Understanding Social Media Data
使用言語 English
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 約9か月で100万円弱
支払い方法 カード
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩25分
応募方法 大学のHPから
近隣施設 病院
スーパー
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安いがおいしくない。当然である。
図書館の評価
図書館についてのコメント 静かで蔵書数も多い。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント ほとんどの建物の中でWifiが使える。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 改修中であったため小さく本の数も少なかった。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 週2~3回部活(フライングディスク)をしていた。
それ以外の空き時間は自習か、パブに行ってビール片手にサッカー観戦。
Weekend(休日の過ごし方) 土日どちらかを部活に充て、もう一方は自習。暇なときはパブにてビールとサッカー。ほとんど平日変わらない。
おすすめスポット・旅行先など
マンチェスターからならリバプールが近くておすすめ。港町のきれいな風景を楽しめる。
グラスゴーやエディンバラなどのスコットランドの大都市も風情があるし、ウイスキーが(大変高価だが)おいしい。
目標
政治学の履修
その成果1
英語力の向上
その成果2
その成果3
今後の課題
伸びた英語力を落とさないように勉強し続ける、使い続ける。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
クレジットカードの使用可能額引き上げやキャッシュ取引などの手続きは、基本だが済ませておく。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 メディア
後輩へのアドバイス
留学は正直暇な時間が多いです。
良くも悪くも暇な時間に何をするかが留学の質の向上のカギになると思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.