基本情報

国名 ドイツ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ゲッティンゲン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ドイツ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 地理学部
留専攻
留学期間
開始 2015-09-01
終了 2016-07-31

留学前

留学の目的 専攻語であるドイツ語の運用能力の向上。
卒論に関する知識の増強。
自分を見つめなおす。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 9月
ビザ申請方法 渡航後にオリエンテーションで一括で行います。
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 留学生用長期のオープンチケットを購入しました。
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 全てネットで行われます。これに関してもオリエン時に説明があります。
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 日本でネイティブの先生に手伝ってもらいながら行いました。
住居探しを始めた時期 5月
住居探し方法
保険に加入した時期 4月
保険加入方法 日本で派遣留学生は一括で同じ保険に加入しました。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 特に受けていません。
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 ゲーテB2の試験を受験しました。
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
中旬から翌月半ばにかけて留学生用語学コースを受講。
10月
下旬から授業が開始しました。
11月
12月
クリスマス休暇
1月
2月
テスト期間(上旬から中旬にかけて)
3月
春休み
4月
5月
6月
7月
テスト期間
留学生科目
科目名 ドイツ語聴解
使用言語 ドイツ語
科目名 ドイツ語語彙
使用言語
科目名 ドイツ語会話
使用言語
科目名 ドイツの地域社会研究
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名 環境政策
使用言語 ドイツ語
科目名 自然保護
使用言語 ドイツ語
科目名 経済地理学(講義)
使用言語 ドイツ語
科目名 経済地理学(ゼミ)
使用言語 ドイツ語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 197ユーロ(寮ごとに値段は違う)
支払い方法 現地の銀行から引き落とし
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 自ら準備。
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩20分程度
応募方法
近隣施設 病院
スーパー
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 付属施設(バー併設)
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安い。味についても特に文句なし。
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 勉強
タンデム
友人と夕食作り
課外活動(オーケストラ)
Weekend(休日の過ごし方) ドイツ国内もしくはヨーロッパ近隣諸国を旅行
おすすめスポット・旅行先など
学生証を使ってニーダーザクセン州内と他州の一部へ無料で(ただし鈍行)移動できるので、それを活用するのがおすすめです。
目標
ドイツ語能力の向上
その成果1
自分を見つめなおす
その成果2
その成果3
今後の課題
より詳細に自分の考えを表現できるようにする。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
物事に対して疑問や自分の意見を持つ姿勢を養うこと。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
苦しいことも多いけれど、振り返ってみればきっと充実した一年になると思います。頑張ってください!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.