基本情報

国名 香  港
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 香港大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ポルトガル語(西南ヨーロッパ)、ポルトガル語(ラテンアメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 国際教養学部
留専攻 社会学
留学期間
開始 2015-08-27
終了 2016-05-27

留学前

留学の目的 ・卒業論文に関する情報収集
・アジアにおける日本の立場を見直す
・各国の優秀な学生と切磋琢磨し英語、中国語、考える力を養う
求められた語学力
英語TOEFL 80
英語 TOEIC 700以上
その他 中国語ができる証明証があるとなお良い
レベル
情報収集方法
先輩
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 香港大学を通して申し込みました
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 オンラインで購入
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 オンライン
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 オンライン
住居探しを始めた時期 8月
住居探し方法 香港大学のHPから寮に申し込みました
保険に加入した時期 5月
保険加入方法 大学の学生課で申し込みました
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 TOEFL勉強
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
入寮
9月
First semester 開始
10月
Reading week と呼ばれる1週間の休暇休み
12月
上旬はテスト期間。その後3週間ほどの冬季休み
1月
Second semester 開始
2月
1週間に渡るChinese New Year休暇
3月
Reading Week 休暇
5月
約2週間に渡るテスト期間
6月
帰国
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Humanity in Globalization
使用言語 English
科目名 Criminology
使用言語 English
科目名 Crime and Media
使用言語 English
科目名 Chinese as a second language
使用言語 Chinese
科目名 Sexuality and Gender
使用言語 English
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 3万円程度
支払い方法 銀行で振り込み
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 隣の駅にあります
大学までの所要時間 15分
応募方法 オンライン
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) 市民館
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 食堂が10以上あり安く美味しいものを食べることができます
図書館の評価
図書館についてのコメント 図書館が学部ごとに別れておりほぼ24時間開いています
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 大学内や学生寮ではFree Wi-Fi が飛んでます
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント ある程度の物は手に入ります
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 勉強する環境が整っている大学です
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達と美味しいご飯を食べに行ったり週2回の部活(合唱部)に参加したりしていました。香港は治安がとても良く夜中まで空いてるお店がたくさんあるので24時間活動することが可能です。
Weekend(休日の過ごし方) ハイキングやビーチへ行ってました。またマカオや中国へのアクセスがとてもいいので土日を利用して旅行もしていました。
おすすめスポット・旅行先など
香港ではアジアNo.1のハイキングコースがあるなどハイキングが人気です。香港に対して摩天楼のイメージしかない方が多いかもしれませんが自然豊かで山や海に囲まれています。

旅行先としては香港はアジアのハブ的存在ですのでどこへ旅行へ行くのにもアクセスが非常に良いです。例えば北京への飛行機が往復で1万5000円、ベトナム、シンガポールへの渡航費も2万円しないぐらいでした。マカオ、深圳へも3000円で行けてしまうので時間がある時はひたすら旅行をしていました。
目標
香港を知り尽くす
その成果1
積極的に行動する
その成果2
世界各国の優秀な学生との交流
その成果3
今後の課題
・英語/中国語の勉強を継続する
・日常生活の中でなるべく英語/中国語に触れる環境づくり
・卒業論文の執筆
・日本に留まらない
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・異文化交流の際に自国の価値観が通用しないことがある。つまりカルチャーショックを受ける
・意思疎通ができない
・良いカメラを持っていくべきだった

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
初めに留学するに当たって様々な困難に直面するのが当たり前です。その苦難を乗り越えて行くことが留学の醍醐味だと思います。私の場合、課題が多くて死にそうになる時や、異文化交流の際に誤解され喧嘩になる時、環境に慣れず日本を恋しく思う時、頑張りすぎて体調を崩すなど様々な困難に遭遇しました。しかしその都度周りの協力を得ながら1つ1つ問題を解決していきました。留学は1人でするものではありません。周りの支えがあってこそ成り立つものです。これから留学する学生方、たくさんの困難に遭遇するかもしれませんがへこたれずに立ち向かって下さい!その問題解決能力が自信に繋がり有意義な留学生活にしてくれます!

また、留学の際は部屋に閉じこもらないで積極的になることをおすすめします!1年いるからといって何事も先送りしていると何も達成せずに留学は終わってしまいます。私は友達の勧めでやりたいこと100リスト(結局130になりましたが笑)を作り、その日にできることはその日にやるように心がけていました!結果80%ぐらい達成しました。今振り返ってみると本当に積極的に行動していたと思います笑。それが体調不良に繋がったので頑張りすぎた点は反省しなきゃなと思ってます笑。なのでみなさん身体に気をつけながら積極的に何事にも挑戦してみてください!応援しています
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.