基本情報

国名 ドイツ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ゲッティンゲン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 スペイン語(西南ヨーロッパ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 経済学部
留専攻 BWL (Business)
留学期間
開始 2015-09-11
終了 2016-08-07

留学前

留学の目的 経済学部生としての学部授業履修
ドイツ語能力向上
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 特になし
レベル
情報収集方法
先輩
その他
参考になるHP https://austauschjahr-goettingen.amebaownd.com/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 9月
ビザ申請方法 現地の市役所を通す、予約は大学がしておいてくれる
航空券を準備した時期 9月
航空券準備方法 ANAのHP, 出発2週間前に購入
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 大学HP (STUDIP)
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 大学HP, ドイツ語科の先生と一緒にやった
住居探しを始めた時期
住居探し方法 必要なし
保険に加入した時期 9月
保険加入方法 到着後、大学主催のWelcome Dayにおいて一斉登録
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 9月
語学強化方法 大学主催の語学コース1ヶ月
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
1月
留学生科目
科目名 Deutsch Grammatik C1
使用言語 ドイツ語
科目名 Deutsch Schreiben C1
使用言語 ドイツ語
科目名 Deutsch Landeskunde C1
使用言語 ドイツ語
科目名 Deutsch mit Filmen C1
使用言語 ドイツ語
科目名 Deutsch Hörverständnis
使用言語 ドイツ語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 International Matketing
使用言語 英語
科目名 Unternehmen und Märkte
使用言語 ドイツ語
科目名 Mathe
使用言語 ドイツ語
科目名 Makroökonomik
使用言語 ドイツ語
科目名 Asian Business Management
使用言語 英語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 月180ユーロ
支払い方法 毎月初日にDeutsche Bankの口座から自動引き落とし
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 10
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 1.3km
大学までの所要時間 徒歩20分、自転車10分
応募方法 Studentenwerk(大学センター)を通して
近隣施設 病院
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 中心街から遠い寮が多いので、自転車があると便利
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 2.8ユーロでセットが食べられるので安いと思う
図書館の評価
図書館についてのコメント SUB(大きく、綺麗)、予約制の自習室があり、快適
インターネットの評価
インターネットについてのコメント Goemobileとeduroamがある。eduroamが強く、国外の大学でも使えたりするので便利。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 学内に複数のcafe有り。価格はスーパーよりも高い。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント それぞれのサポートセンターの対応はいいが、どこに行ったらいいかわからないことが多い。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 複雑ですが、特に不自由することはないです。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) Foyer Internationalの日独勉強会に参加
Tandem Learning
ErasmusとのParty
大学付属スポーツセンターでのダンスレッスン
Weekend(休日の過ごし方) 海外旅行
ドイツ国内旅行
おすすめスポット・旅行先など
ドイツは立地がとてもいいので、この留学を機会に週末に各国を旅行するのも素敵だと思います。
長旅を不自由に感じない人は、長距離バスの利用がオススメです。
目標
ドイツ語能力向上
その成果1
自立した生活を送る
その成果2
その成果3
今後の課題
これまでの留学のアウトプットをどのように出していくか。
ドイツ語の能力をどう維持するか。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
体調を崩した時ように十分な薬を持って行っていなかった。
現地での保険登録が遅れていたようで、加入しているはずなのに到着後すぐに保険にかかれなかった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 外資、総合商社、日系メーカー
後輩へのアドバイス
明確な目標を立てると、日々をより充実させることができるかなと思います。
自分に限界を定めず、やりたいことは全部やり尽くす、とびっきり素敵な留学になりますように。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.