基本情報

国名 カ ナ ダ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ブリティッシュ・コロンビア大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北アメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 Faculty of Education
留専攻 Literacy and Language Education
留学期間
開始 2016-09-03
終了 2017-04-30

留学前

留学の目的 教育先進国カナダの教育を学び、日本の教育を異なる視点から見ること。
英語教師を目指す学生として、教壇に立つに恥じない英語力と異文化理解を習得すること。
求められた語学力
英語TOEFL 90
英語 IELTS 6.5
その他
レベル
情報収集方法
HP
その他 大学に直接メールもしました。返信も速く、丁寧に対応してくれます。
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 大学生協で買いました。
履修登録を始めた時期 6月
履修登録方法 複雑なので、少しでもわからないことがあれば、メールして確認するといいと思います。
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 専用のサイトを案内されて、希望事項などを記入しました。
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 大学指定の学研災の他、カナダに入国後BC州の保険に加入する必要があります。オリエンテーションで説明されるのでカナダにつくまでは何もする必要はありません。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 予防接種は受けませんでした。
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 主専攻語の授業の他、GLIPを受講しました。
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
6日 Term 1 開始
12月
6日 Term 1 終了  8日~21日 Examination Period  22日~1月2日 Winter Break
1月
3日 Term 2 開始
2月
20日~24日 Reading Week (授業なし)
4月
6日 Term 2 終了  10日~28日 Examination Period  29日 Move Out Day
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 EDST 401 Education, School and Social Institution
使用言語 英語
科目名 EDUC 210 Introduction to Global Citizenship
使用言語 英語
科目名 CNPS 426 The Role of Teachers in Guidance
使用言語 英語
科目名 EPSE 311 Cultivating Supportive School and Classroom Environment
使用言語 英語
科目名 LLED 399 Practicum in Teaching English as a Second Language
使用言語 英語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 $6,790/year
支払い方法 学期の途中でクレジットカードでの支払いが可能になりました。
部屋人数(人部屋) ベッドルームは一人、キッチンやバスルームは5人と共有
家族・同居人(人) 5人
門限 なし
食事 UBCのMeal Planに加入して、全てが外食で済ませてしまいました。
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 大きな大学なので、寮と教室の位置関係によります。
応募方法 大学からメールで案内され、オンラインで応募できました。
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 テレビ(共有)
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 East Hastingsと呼ばれる地域以外はとても安全です。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 大学中にレストランやカフェがあります。Meal Planに加入すれば、安く購入できます。
図書館の評価
図書館についてのコメント Irving. K. Barber Leaning Centreは学習スペースやパソコン環境が充実していて、試験期間中は24時間開いていました。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 建物内は快適でした。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント UBCグッズはここでしか買えません。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント どこの部署も親切に対応してくれますが、特にGo Globalは留学生サポートを手厚くしてくれました。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 学習、娯楽ともに充実していて、大学から出る必要を全く感じませんでした。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業に合わせて起床
夕方まで授業
夕食後はI. K. B. Learning Centreで閉館まで課題をこなす。

この他
Badminton Clubの活動やExchange Student Clubが開いてくれるパーティーなどに参加して、気分転換にしていました。
Weekend(休日の過ごし方) 課題がたまっているときはI. K. B Learning Centreなどで課題に取り組む。

時間があるときは、Downtownで買い物したり、ハイキングに出かけたりしていました。UBCも観光地になっている上、近場に遊べる場所がたくさんあるので、半日だけでも楽しめる場所がたくさんあります。
おすすめスポット・旅行先など
【Vanvouver周辺】
UBC Museum of Anthropology(学内)
Granville Island
Fly over Canada
Gastown
Stanley Park
Capilano Suspension Bridge
Lynn Canyon

【旅行先】
Victoria
Nanaimo
Whistler
Seattle (USA)
Portland (USA)
Candian Rockies

アメリカにも鉄道やバスで行けます。
目標
カナダの教育について学ぶこと
その成果1
異文化交流・理解
その成果2
英語力
その成果3
今後の課題
初めての海外経験だったサンディエゴへのショートビジットが、「初めての海外経験」から「カナダらしさを知る材料」になったように、留学の意味は今後、常に変わり続けるものだと思います。今回の留学では、現地小学校や日本語学校でのボランティア活動、英語教育の教育実習など、期待していた以上の経験をさせていただきましたが、この貴重な経験を過去のものにせず、これからもそこから学び続けていきたいと思います。

英語力はまだまだ努力しなければ、と痛感しています。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
バンクーバーには何でもあるので、物理的に困ったことはありませんでした。
心構えで言うならば、とにかくやってみる勇気や姿勢が大事だと感じています。最初の学期は1人で机に向かって勉強しているだけだったのですが、2学期になって、教授と話したり、友達を旅行に誘ったり、ボランティアを自分から探すことで自分のコミュニティを持つことができて、毎日が充実しました。もっと早いうちに行動を起こすべきだったと思います。

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
やってみる勇気や姿勢と上に書きましたが、わからないことはとにかく聞いてみることも大事だと思います。少し恥ずかしい質問でも、感謝の気持ちをしっかり示せば親切に助けてくれます。恩返しをしたいという気持ちから人との繋がりが深まったりするので、抱え込まずに話してみるといいと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.