基本情報

国名 台  湾
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 国立政治大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 中国語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 外交学科
留専攻
留学期間
開始 2016-08-29
終了 2017-07-15

留学前

留学の目的 中国語運用能力の向上。以前から興味を持っていた、台湾での生活を体験したかったこと。
求められた語学力
英語TOEFL
英語 TOEIC750点以上
その他
レベル
情報収集方法
HP
パンフレット
その他
参考になるHP http://www.nccu.edu.tw/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 台北駐日経済文化処のHP(http://www.roc-taiwan.org/jp_ja/index.html)参照
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 ネットで最安値の航空券を検索
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 大学側(留学先)から送られてくるURLからオンライン登録
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 外国籍学生向けの国際会館は抽選、校内の寮は希望制
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 海外旅行保険に加入
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
(新年度第1学期)授業開始/華語のクラス分けテスト
10月
11月
中間テスト
12月
1月
期末テスト、冬休み
2月
第2学期開始
3月
4月
中間テスト
5月
6月
期末テスト、年度終了
留学生科目
科目名 Japanese Foreign Policy
使用言語 英語
科目名 華語-特別班實用華語(留学生対象中国語クラス)
使用言語 中国語
科目名 國文
使用言語 中国語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 中國大陸研究
使用言語 中国語
科目名 多語言同時學習(中日)
使用言語 中国語、日本語
科目名 從漫畫看日本
使用言語 中国語
科目名 台灣歷史與文化
使用言語 中国語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 1学期29750元(2人部屋)
支払い方法 学期初めにカードで一括払い
部屋人数(人部屋) 2人/(学内寮の場合)4人
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 外食
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩5分以内
応募方法 ネットで抽選に応募
近隣施設 コンビニ
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安くバリエーションは多い
図書館の評価
図書館についてのコメント 大きく静かで利用しやすい
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 学内の大抵の施設でWi-Fiが使用可能
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 日用品など学生割引が使える場合も。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 台湾人学生のチューターが交換生にはつく。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 勉強やサークルなど、充実した学生生活が送れた。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 課題、サークル、台湾人学生と言語交換、留学生仲間と食事。
Weekend(休日の過ごし方) 課題、台北を中心にグルメ巡り、街へお出かけ、日帰り観光、サークルのイベントに参加。
おすすめスポット・旅行先など
夜市は、日本ではなかなか見られない文化なので、様々な夜市を巡るのも面白いと思います。台北付近ならば、信義區、東區、永康街。少し離れた場所なら十分、基隆。旅行には、台南高雄、台中。南の方は、台北とはまた違った台湾の一面が見られます。
目標
スピーキング能力の向上
その成果1
台湾の文化理解
その成果2
台湾生活の体験
その成果3
今後の課題
より積極的に中国語を使う機会を増やし、話す・書く方面での豊かな中国語表現を目指していきたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
①語彙力や表現力不足。特に当初は、案外身の回りのことを上手く言えないものだと痛感。また、他の留学生とは英語を使う機会も多いので、英語や中国語は事前に最大限準備しておきたいところです。
②(特に女性の場合)化粧品。現地でも日本の化粧品はもちろん手に入りますが、高価です。大量に持っていく必要は全くありませんが、余裕を持たせて行った方が良いと思います。

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
留学生活は、どの部分を切り取っても印象深く、驚きや学びに満ちているものだと思います。また、日本に居た時には出会い得なかったであろう、現地の学生含め、様々な背景を持った人間達と知り合う最高の機会です。特に、台湾では、日本から来たと言うと関心を持ってくれる場合が多いので、これをきっかけに現地の人々と交流し、ぜひ台湾の姿、改めて日本の姿、そして自分を見つめ、それぞれの発見をして欲しいと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.