基本情報

国名 韓  国
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 延世大学校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 朝鮮語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 社会科学
留専攻 政治外交
留学期間
開始 2016-08-24
終了 2017-06-30

留学前

留学の目的 1,韓国語能力向上
2,自分の関心分野の知識を深める
3,身を持って異文化を体験し、視野を広げる
4,人脈を広げる
求められた語学力
英語TOEFL 70以上
英語 日常会話程度(英語で開講される授業は高度な英語力を求められた)
その他 韓国語
レベル 授業についていける程度
情報収集方法
友人
先輩
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 大使館にて申請
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネットで
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 学校のHPで
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 7月
住居探し方法 知人にお願いして
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 外大で指示された通りに
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
履修登録、渡航
9月
秋学期開始、秋夕連休
10月
中間試験
11月
12月
期末試験、秋学期終了、冬休み開始
1月
冬休み
2月
冬休み
3月
春学期開始
4月
中間試験
5月
GWウィーク
6月
期末試験、春学期終了、夏休み開始
留学生科目
科目名 韓国語6級(語学堂)
使用言語 韓国後
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 韓国現代国際関係史
使用言語 韓国語
科目名 朝鮮半島の現在と統一
使用言語 英語
科目名 韓国の伝統的社会と近代化
使用言語 英語
科目名 日本政治外交
使用言語 韓国語
科目名 人間関係の心理学
使用言語 韓国語
居住環境
居住環境 ルームシェア
家賃 40万ウォン
支払い方法 口座入金
部屋人数(人部屋) 2人
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 あり(朝食・夕食)、共同キッチンあり
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩15~25分
応募方法 知人のつて
近隣施設 コンビニ
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) 繁華街だったので様々あり、不便はなかった。
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 学食が安くて美味しい!店数多し&種類豊富!
図書館の評価
図書館についてのコメント 居心地が良い上にとても充実した設備。自習室豊富&蔵書豊富&コンビニ・カフェあり
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 学内専用wifiあり
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 売店はほぼ各施設にあり。書店は一つ。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 留学生支援団体が存在。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 充実した留学生活を送れました。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業参加
授業の予習、復習、課題
友達とご飯&カフェ
友達と勉強
Weekend(休日の過ごし方) 勉強(授業の予習や課題)
お出かけ
ショッピング
映画鑑賞
観光
etc...
おすすめスポット・旅行先など
時間の許す限り色々な場所に足を運ぶことをおすすめします。済州島は春夏の時期に。
目標
韓国語能力の向上
その成果1
多様な経験をして視野を広げる
その成果2
出会いを大切にし、人脈を広げる
その成果3
今後の課題
韓国語能力の維持
英語力向上
研究テーマの具体化
意識の切り替え
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・授業によっては聞き取りにくいものもあったため、ボイスレコーダー等で録音し、後で復習しやすいようにした。
・英語のスピーキング力を高めておくべきだった。(自信がなくて授業での発言を控えてしまった)
・授業のメモ取りは基本的にPC。韓国語のキーボード入力に慣れておくべきだった。(授業のメモ取りの有無で情報量に差が出てしまう)

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 マスコミ
後輩へのアドバイス
普通の授業に参加するだけではなかなか友達ができません。自分から積極的に話しかけたり、何かしらのサークルに入ってみたり、外部のコミュニティに参加してみたりと、自分から動くことが必要になってきます。語学力向上にはやはり環境が重要になってきます。それでも留学だからといって変に自分自身にプレッシャーをかける必要もありません。自分のペースで自分なりの留学を楽しんでください。
最後に、留学中は出来るだけ日記をつけることをオススメします。当の私はなかなか続かず今になって後悔しています...泣 その時学んで、出会って、発見して、考えて、感じた、その全ての素直な思いを大切にしてほしいなと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.