基本情報

国名 イギリス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 マンチェスター大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北西ヨーロッパ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 faculty of humanities
留専攻
留学期間
開始 2016-09-12
終了 2017-07-03

留学前

留学の目的 留学最大の目的は英語力の向上でした。留学前はスピーキングが苦手だったので、留学を通し、英語を日常的に話す環境に身を置くことで、スピーキング能力が向上することを目的としていました。また、マンチェスター大学では文学部系の科目を幅広く受講することができたので、外大で受けたことのない授業を受けてみたいと思っていました。留学先の大学ではあらゆる地域から学びに来た学生が多く在籍しており、英語だけでなく、文化の多様性や英語の多様性に触れ合いたいとも思っていました。
求められた語学力
英語TOEFL
英語 IELTS 6.0以上 授業により6.5以上
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
HP
パンフレット
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 大使館のホームページ
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネット
履修登録を始めた時期 5月
履修登録方法 留学先に申し込みの段階で希望する授業のリストを提出
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 インターネット
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 留学先により提供されたホームページやパンフレット
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 外大の留学保険に加入
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 特に必要な予防接種はありませんでした
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 外大でも英語で行われる授業を積極的に受講しました
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
一学期開始 新入生歓迎weekなどもある
12月
中旬からクリスマス休暇
1月
中旬から一学期期末テスト期間
1月
一月末から2学期開始
4月
三週間のイースター休暇
5月
中旬から2学期テスト期間
6月
二学期終了
留学生科目
科目名 text and conversation studies
使用言語 english
科目名 british cultural ethnography for international students
使用言語 english
科目名 advanced english language in use 2
使用言語 english
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 introduction to international politics
使用言語 english
科目名 sociology of leisure
使用言語 english
科目名 study of meaning
使用言語 english
科目名 japanese film and society
使用言語 english
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃
支払い方法 一括カード払い または イギリス国内の口座で引き落とし
部屋人数(人部屋) 1人部屋
家族・同居人(人) 3人
門限 なし
食事 共有キッチンで自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 歩いて15分ほど 
大学までの所要時間
応募方法 派遣先に受け入れられたのちネットで選ぶ→抽選
近隣施設 病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 電子レンジ、オーブン、電気ケトル、オーブントースター、テレビ
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 大学周辺は治安がいいが、道端にはホームレスがおり、スーパーなどでは万引きする人もあり 夜9時を過ぎてからの一人歩きはなるべく避ける
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント いろいろな食堂があり、飲み物や食べ物も種類がある
図書館の評価
図書館についてのコメント 広い為、どこに何があるか慣れるのに時間がかかる。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 大学内ではどこでもWi-Fiが提供されている
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 学内の書店は教科書や小説、絵本など幅広い品ぞろえ 大学のグッズも購入できる
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 適所に相談すれば迅速に対応してくれる(内容や部署にもよるが)。問題によりどこに相談するべきかはパンフレットにも書いてあるので、どこに相談するかに気を付ければメールなどで迅速に対応してくれる。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 世界中から留学生が来ているので、留学生のサポートは充実している。部活動・サークルや学内のイベントなど他の生徒と交流する機会は授業以外にも多く提供されている。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・課題
・友達とカフェで談笑
Weekend(休日の過ごし方) ・サークル活動
・買い物
・旅行
・勉強
・掃除など
おすすめスポット・旅行先など
電車やバスを利用してイギリス国内を巡るのはおすすめです。一人旅でも快適に旅ができます。
マンチェスター内ではcity centreに映画館、ショッピングモールがあり、おしゃれなカフェもたくさんあるので、買い物やご飯を食べに行くのにはお勧めです。またほとんどの美術館、博物館は無料で入れます。路面電車を利用してサッカーのマンチェスターユナイテッドのホームスタジアムにも行けるので、大学で提供される学生料金割引の利いた試合観戦チケットを購入して試合観戦に行くのも体験の価値ありです。
目標
スピーキング能力の向上
その成果1
文化・英語の多様性を学ぶ
その成果2
その成果3
今後の課題
留学で向上した英語力を維持し、できればよりよくすること。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
異国で暮らし勉強すると日常的に問題に直面するので、その都度友達に相談したり、大学のサポートを利用して自分のペースで解決していくことが一番だと思います。留学中は、生活する上で日本で準備してくればよかったと思うことはあまりありませんが、自分の意見をしっかり論理的に述べることに慣れておくと留学中も積極的に授業や議論に参加できると思います。

帰国後

進路予定
進学(国内)
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.