基本情報

国名 その他
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合) アルゼンチン
大学名 その他
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合) ラプラタ大学
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 スペイン語(西南ヨーロッパ)
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部 人文学部
留専攻 スペイン語
留学期間
開始 2017-02-22
終了 2018-01-27

留学前

留学の目的 スペイン語能力の向上が第一の目的でした。またアルゼンチン文化はユニークなものが多いので、日本とは全く違う文化体験をすることももう一つの目的でした。
求められた語学力
英語TOEFL なし
英語 なし
その他 なし
レベル なし
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 3月
ビザ申請方法 ビザそのものの取得は現地でしかできません。日本では、無犯罪証明書(外務省のアポスティーユ付き)、パスポートのコピーと顔写真の用意が必要です。
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 学校での用意
履修登録を始めた時期 3月
履修登録方法 現地での留学担当の先生への履修報告
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 1月
住居探し方法 留学コーディネーターによる準備
保険に加入した時期 3月
保険加入方法 学校
予防接種を受けた時期 2月
予防接種の種類 黄熱病、A型肺炎
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 学部の授業での読み資料
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
1月
留学生科目
科目名 教養科目
使用言語 スペイン語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 教育学
使用言語 スペイン語
科目名 社会教育学
使用言語 スペイン語
科目名 スペイン語表現方法
使用言語 スペイン語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ホームステイ
家賃 1万4000えん
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 バスで30分
大学までの所要時間 バスで30分
応募方法 留学コーディネーターへの個人的申請
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 夜はなるべく一人で歩かないこと、携帯を手にもって歩くと盗まれる可能性が高いのでなるべく出さない、ビジャという地域にはなるべく足を運ばない
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 勉強、または友達と公園でマテを飲むこと
Weekend(休日の過ごし方) 勉強、映画を見る
おすすめスポット・旅行先など
イグアスの滝、マルデルプラタ、バリローチェ(アルゼンチン)
マチュピチュ、クスコ、リマ、ワカチナ砂漠(ペルー)
バルパライソ、サンティアゴデチリ(チリ)
目標
スペイン語能力の向上
その成果1
アルゼンチン文化の理解
その成果2
その成果3
今後の課題
これからもスペイン語能力の向上を目指し、できればアルゼンチンと関係のある仕事がしたいと思っている。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
冬は思っているより寒く、冬服の準備が足りていなかった。
物価は高く、日本の食べ物をできるだけ多く持っていくべきだったと感じた。
またお金を銀行から一回降ろすときには約1000円の手数料がかかり、小額しか取り出せないのでくもっとドルを多く持っていくべきだった。
トイレはあまりきれいではなく、さらに常に紙を持っていくことが必要。

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
アルゼンチンの物価は想像しているより高く、日本のスーパーと同じくらいまたは少し高いくらいです。インフラが常にあるので、値段もよく変わります。現金を下ろすのにもお金がかかるので、私は日本で海外で使うと5%割引になるクレジットカードを使って生活していました。
バスの種類がたくさんあり迷うことがあると思うので、現地の人によく聞いて乗ってください。
アルゼンチンの文化は日本の文化とはほとんど真逆で、いろいろなギャップを受けると思いますが、マテ茶を飲む習慣や人と気軽に話せる文化などとても魅力的な文化が多くとてもいい国です!
イグアスの滝やパタゴニアなど、素敵な観光地もたくさんあるので時間があるときにできるだけ旅行することをおすすめします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.