基本情報

国名 ト ル コ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ボアジチ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 トルコ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 社会学部
留専攻
留学期間
開始 2017-09-07
終了 2018-05-12

留学前

留学の目的 トルコ語、英語力の向上。(授業が英語で行われる大学のため)
卒論の材料集め。
現地人に囲まれての生活で、専攻語のトルコ語を使いつつ、学んできたトルコについて、自分で体験・実感するものがあれば理解を深められると思った。
求められた語学力
英語TOEFL iBT79 以上
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 ビザは取らず、現地で滞在許可証を取る。(3カ月以上滞在の場合、必須)
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 片道航空券を購入。格安航空券サイトより。
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 履修登録システムより、パソコンを使って登録。
入寮申込みを始めた時期 4月
入寮申込み方法 superdormという寮を確保。案内が受け入れ先大学より来る。大学HPより申し込み。
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 現地の在学生が使っているFacebookグループにて部屋探し。
保険に加入した時期 5月
保険加入方法 派遣留学生は加入必須の保険。外大で案内があった。
予防接種を受けた時期 8月
予防接種の種類 狂犬病とc型肝炎。
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 トルコ人とのチャットで会話。教材の見直し。語彙力の強化。Academic Englishの語彙強化
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
秋学期 始業
12月
秋学期 終業
2月
春学期 始業
5月
春学期 終業
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 power & inequality
使用言語 English
科目名 politics and society in the Middle East
使用言語 English
科目名 Advanced Turkish grammer
使用言語 Turkish
科目名 Advanced reading in Turkish
使用言語 turkish
科目名 social change and development
使用言語 English
居住環境
居住環境 アパート
家賃 850リラ
支払い方法 ルームメイト(トルコ人)に手渡し、大家さんに渡す。
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1
門限 なし
食事 自炊かキャンパス内の食堂(1食2.5リラ)
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩12分
応募方法 知人の家に入居
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 夜に一人で歩いても大丈夫だが、注意して素早く帰宅すること。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安くて助かる。選べるのもとても良い。
図書館の評価
図書館についてのコメント かなり広く、いろいろな言語の本がある。また、自習スペースが広くて勉強場所に困らない。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント よい。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント よい
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント トルコで一般的だが、たらい回しが多い。しつこく聞く、交渉するべき。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 全体的にとても良い。芝生で休憩したり、ボスフォラス海峡を眺められ、キャンパスも建築がすてき。キャンパス間移動にシャトルバスもある。そして学食が安い。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 宿題、友達とおしゃべり、家庭教師、観光
Weekend(休日の過ごし方) 観光、宿題以外の勉強
おすすめスポット・旅行先など
内陸アナトリアに行くと、イスタンブルとは異なるトルコの一面を見られる。黒海地方はピデ(トルコ風ピザ)が美味しい。ガジアンテップはケバブやスイーツが美味しい。
パムッカレやカッパドキアは観光地として定番。
エディルネはトルコ最大で有名な建築家の建てたモスクを見られる。イスタンブール内ではとにかく海や海峡の見えるところでチャイを飲んで友達と話すのがよい。授業の予習復習は大切だが、現地人(若者でも年寄りでも)との会話に大きな意味があると思う。カドゥキョイやベシクタシュも活気あふれる街でよい。
目標
トルコ語能力試験c1レベル
その成果1
英語での会話、作文力向上
その成果2
卒論テーマの決定、材料集め
その成果3
今後の課題
卒業論文の準備や材料がうまく進められなかったため、日本でなるべく上手く進められるように。
トルコ語は能力試験の結果次第で、頑張り方を変える。
英語は引き続き、論文の読み書きや、社会問題について話せるようにしていきたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
アレルギー反応がひどかった。大気汚染や食物の違いから免疫機能が落ちたのではないかと分析中。食べ物は日本と違うわけであるから、栄養バランスに気を付ける必要がある。あと薬は持っていくべき。あちらのは強いと感じた、

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 トルコとつながりのある企業、また伸びそうな農業など?
後輩へのアドバイス
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.