基本情報

国名 アメリカ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ニューヨーク州立大学オルバニー校 
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(オセアニア)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 Public Administration
留専攻
留学期間
開始 2017-08-20
終了 2018-05-18

留学前

留学の目的 自分に負荷をかけることのできる環境に身を置くため。
ニューヨーク州の環境政策を実際に自分の目で見て学ぶため。英語力の向上。
求められた語学力
英語TOEFL IELTS6.0 (overall)
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
HP
その他
参考になるHP myualbanyと検索したら出てくるサイト
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 向こうの大学から送られてくる書類を持参して大使館で面接(要予約)。
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 JALのセミフレックスという種類のチケットを予約。NRT→ORD→ALBが一番楽に感じた。
履修登録を始めた時期 6月
履修登録方法 大学のウェブサイト
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 大学のウェブサイト
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期
保険加入方法 外大から指定された保険に加入
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 現地で接種
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
8月末から1週間のオリエンテーションの後、授業開始。
9月
10月
11月
ボスキャリ参加。Thanks Giving (1週間休み)
12月
下旬から冬休み。アメリカ一周ひとり旅へ。
1月
22日まで冬休み。春学期スタート。
2月
3月
春休み (3/10-18)
4月
5月
11日からファイナルテスト週間
留学生科目
科目名 UNNI 110
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 AEAC 379
使用言語 英語
科目名 AGOG 304
使用言語 英語
科目名 AHIS 158
使用言語 英語
科目名 AHIS 290
使用言語 英語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 約$900
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 3
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 ミールプランに加入
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 大学内
大学までの所要時間 徒歩3分
応募方法 事前に案内されるWebサイトで
近隣施設 スーパー
郵便局
その他の近隣施設) Crossgates Mall
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 ダウンタウンは特に注意が必要。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント Indian Quadのダイニングホールが一番食事が美味しい。
図書館の評価
図書館についてのコメント テスト期間は24時間開いていて便利。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 外大の無線LANよりも繋がりにくい。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント ISSSはすぐにメールに返信もくれるのでとても助かった。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 図書館で課題・予習復習
国家総合職の勉強
ジム・テニス・ピアノ
Walmartへ日用品買い出し
Weekend(休日の過ごし方) ニューヨークシティ日帰り
Crossgatesでショッピング・映画
国家総合職の勉強
おすすめスポット・旅行先など
1ヶ月の冬休みを利用して、Rochester、Geneseo、Toronto、New York City、Miami、Key West、Dallas、Seattle、Vancouver、Spokane、Phoenix、Washington DC、Philadelphiaに行った。
NYCには週末にバス(greyhoundかmegabus)で頻繁に行っていた。
Albanyはニューヨーク州の州都なので、ダウンタウンには政府の施設が立ち並んでいる。特にCapitolは訪れるべき。(ツアー無料・事前予約不要)
目標
自分に負荷をかけて成長する
その成果1
ニューヨークの環境政策を学ぶ
その成果2
英語力を伸ばす
その成果3
今後の課題
留学で得たものを今後どう活かしていくか。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
SIMカードはH2Oの日本で開通させて持っていけるものを契約すれば現地についてすぐUberを呼べたので、便利だったと感じた。
1人のルームメイトが昼から朝の6時まで大声でSkypeをしながらゲームをしていたのが本当にうるさかった。話をしたが解決には至らなかった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 官庁・総合商社
後輩へのアドバイス
行くまでにできるだけ英語力をあげておくと、得られるものがその分多いと思います。できるだけ具体的な目標を持って、留学に行くといいと思います。まだAlbanyで勉強している友達が結構いるので紹介できます。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.