基本情報

国名 イ ラ ン
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 イスファハン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ペルシア語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 文学部
留専攻
留学期間
開始 2017-09-13
終了 2018-06-19

留学前

留学の目的 ペルシア語力の強化
ペルシア語文学を読むこと
イランの文化を知ること
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 4月
ビザ申請方法 大学の国際オフィスを通して
航空券を準備した時期 9月
航空券準備方法 ネット予約
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 教授と相談
入寮申込みを始めた時期 4月
入寮申込み方法 国際オフィスとのメールのやりとりにて
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 7月
保険加入方法
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
前期授業開始
10月
11月
12月
1月
前期試験 後期授業開始
2月
3月
4月
5月
6月
後期試験
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 ゴレスターン
使用言語 ペルシア語
科目名 ハーフェズ
使用言語 ペルシア語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 3ヶ月で400ドル
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 混雑時は2人
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 寮は大学敷地内
大学までの所要時間 寮から文学部までは徒歩5分+バス5分
応募方法 国際オフィスを通して
近隣施設 スーパー
その他の近隣施設)
住居にあった設備 キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 タクシーの運転手にストーカーされるという話が多いので家の前まで送ってもらうときは注意
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 混んでいるのであまり行かなかった
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 寮のWi-Fi環境は悪かったので使わなかった
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント イスファハーンは外国人の寮費が他の年の数倍だが、設備はテヘランなどの方がよいと聞く。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) イランの楽器を習う、課題、復習、買い物
Weekend(休日の過ごし方) 映画、山登り、砂漠ツアー、旅行、ペルシア語習字
おすすめスポット・旅行先など
シーラーズはエスナップが多くて移動しやすく快適だった。
マークーはあまり行く人がいないが、タブリーズのついでに足を伸ばして本当によかった。春、初夏がおすすめ。
目標
ペルシア語力
その成果1
ペルシア語文学を読む
その成果2
イランの文化を知る
その成果3
今後の課題
今までイランの体制や政治についてあまり興味がなく、どちらかというと文学作品を読むことしか考えていなかった。
留学中に反体制デモが起こり、人々の話を聞くうちに政治的な問題にも興味を持ち始めた。今後はイスラーム体制や1979年のイラン革命について知識を深めたい。

また卒業論文のテーマを絞るとともに準備を進める。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
卒業論文のための調査方法を学んで行くべきだった。
テーマは留学先で大きく変わる可能性があるため、あまり固めて行かなくても良かった。
しかし、どのように研究したらいいのか、何が必要なのか分からず、結局書籍を購入しただけで終わってしまった。

帰国後

進路予定
留年
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.