基本情報

国名 チ ェ コ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 カレル(プラハ)大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 チェコ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 哲学部
留専攻 チェコ語
留学期間
開始 2017-09-17
終了 2018-06-23

留学前

留学の目的 チェコ語の上達、英語力の向上、チェコの歴史や文化を知る、卒論の準備
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
HP
その他 出国まえからバディのチェコ人とメールでやり取りし、大学の情報を教わった
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 時間がかかるので計画的に早めに準備することをおすすめします
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 インターネット
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 大学の履修登録システムで
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法 大学側が割り振ってくれた
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 ビザ取得のためチェコの保険にも入った
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
オリエンテーション、留学生向けイベント
10月
冬学期スタート
11月
12月
クリスマス休暇
1月
期末試験、終わり次第休暇
2月
前半は休暇、後半から夏学期スタート
3月
4月
イースター休暇
5月
期末試験、終わり次第休暇
6月
留学生科目
科目名 チェコ語 スピーキング&ライティング
使用言語 チェコ語
科目名 チェコ語 読解
使用言語 チェコ語
科目名 チェコ語 文法
使用言語 チェコ語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 チェコ語 発音
使用言語 チェコ語
科目名 チェコ語 口語表現
使用言語 チェコ語
科目名 チェコの歴史
使用言語 英語
科目名 英語 B2
使用言語 英語(ときどきチェコ語)
科目名 チェコ語コーパス
使用言語 チェコ語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 月1万8千円
支払い方法 カードまたは現金。毎月事務所に払いに行く。
部屋人数(人部屋) 2人、(3人フラット)
家族・同居人(人) 2人
門限 なし
食事 平日は食堂で昼食が買える
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 トラムまたはバスとメトロ
大学までの所要時間 20〜30分
応募方法 大学が提供してくれる
近隣施設 スーパー
郵便局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 共有キッチンには電子レンジ、コンロ、オーブンがあった
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 街の中心部は夜でも人が多く、危ない感じはしなかった。郊外のバス停などは暗く人気のないところもある。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 毎日2種類から選べる。他にスープ、パン、サラダやサンドイッチがある。
図書館の評価
図書館についてのコメント パソコン、コピー機がある。自習に使っていた。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 大学の近くに教科書などを売っている本屋があった。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント メールの返信が遅いこともあったが、相談すれば対応してくれる
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の宿題、復習
タンデム
友達と遊ぶ
プラハ散策
Weekend(休日の過ごし方) 授業の宿題、復習
友人と遊ぶ
プラハ散策
国内、海外旅行
おすすめスポット・旅行先など
プラハではプラハ城周辺、カレル橋、vrtbovska zahrada。
その他チェスキークルムロフ、オロモウツなど
目標
チェコ語の上達
その成果1
英語力の向上
その成果2
卒業論文の準備
その成果3
今後の課題
留学で身につけた語彙力やスピーキング力を落とさないよう勉強を継続する。チェコ語能力検定を受検する。英語力をさらに向上させる。卒業論文の内容を深め、集めた資料を活用する。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
語彙力がなくて苦労したので、もっとチェコ語の単語を覚えてくるべきだった。日本のことをよく聞かれたので、日本の社会問題などについてもっと関心を持ち、調べておけばよかった。

帰国後

進路予定
留年
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
ビザ申請は時間がかかるため、4月ごろからコツコツと準備を始めました。大学から入学許可書が届く前には必要な書類をすべてそろえて、いつでも申請できるようにしておくことをおすすめします。プラハには日本食を取り扱うお店もありますが、値段が高めなので、日本から持って行ったおかずの素やパスタソースが重宝しました。チェコはヨーロッパの真ん中にあるので周辺国を旅行するのにとても便利で、3連休や長期休暇を利用してたくさん旅行しました。留学先では授業に参加するだけでなく、友達を作ったり、ビールを飲んだり、プラハの街を散策したりして、ぜひ楽しんでください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.