基本情報

国名 ロシア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 極東連邦大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語(ロシア)
学年 3
留学時学年を選択 2
留学先
学部 留学生向けロシア語文化センター
留専攻 ロシア語
留学期間
開始 2018-02-26
終了 2018-06-29

留学前

留学の目的 主に語彙定着を目的としたロシア語力強化。コミニュケーションツールとしてのロシア語の運用力強化。ある程度まとまった時間ロシアに滞在することで海外の生活を感じるとともに、1日インターンシップの機会を利用して海外で働くことを知る。
求められた語学力
英語TOEFL なし
英語 なし
その他 ロシア語力
レベル テーエルカーイー第1レベル程度
情報収集方法
先輩
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 2月
ビザ申請方法 必要書類を用意し大使館を直接訪問
航空券を準備した時期 12月
航空券準備方法 航空券予約アプリ、サイトを利用
履修登録を始めた時期 1月
履修登録方法 留学生課を通して語学コース、学部コースかを選ぶ書類を提出
入寮申込みを始めた時期 2月
入寮申込み方法 ロシア到着時、寮にて
住居探しを始めた時期
住居探し方法 不要
保険に加入した時期 1月
保険加入方法 大学指定のものに加入
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 不要
語学強化を始めた時期 12月
語学強化方法 特別なことはせず、普段通り授業を受ける
その他の準備を始めた時期 1月
その他の準備内容 持っていく荷物の整理など

留学中

学年暦
留学生科目
科目名 会話、文法、読解、聴解に分かれる語学授業
使用言語 ロシア語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講 不可
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 月7千円程度
支払い方法 寮内ATMにて
部屋人数(人部屋) 2人
家族・同居人(人) 1人
門限 なし
食事 自炊可能なキッチンあり、キャンパス内食堂あり
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 寮は大学キャンパス内に存在
大学までの所要時間 授業場所から近い寮なら2分、遠い寮なら15分ほど
応募方法 不要
近隣施設 郵便局
その他の近隣施設) キャンパス内に売店、郵便局が点在するがその他近隣施設なし
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 冷房はなく暖房は冬の期間中央集中管理で稼働
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 車が速いので轢かれないように注意。治安は良い。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 個人的に味が好みでないためほぼ利用せず。中華料理食堂あり。
図書館の評価
図書館についてのコメント 授業の教科書を借りることができる。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント SIMカードがないとWi-Fi使用不可。寮では突然使えなくなることはあるが基本的に良好。寮以外の建物では携帯電話の環境によっては一切利用不可。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 値段が高い。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 手続き、重要な情報の連絡が遅い。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 全体的に建物が新しいので清潔感あり。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 基本的に寮に戻って勉強。週に1、2回スーパーに買い出しに行く。ロシア世界展開力事業のインターンシップ参加(日本語教室の授業補佐、企業訪問)。市街地まではバスで1時間ほどかかるので、特別な用事があるとき以外あまり行かなかった。
Weekend(休日の過ごし方) まれにクラスメイトと宴会、食事会など。
おすすめスポット・旅行先など
街歩き。スーパー巡り。
目標
語彙力強化
その成果1
ロシア語の運用能力強化
その成果2
海外生活の体験
その成果3
今後の課題
ある程度向上したロシア語力の維持。音読、聞き取りの機会を増やし、衰えやすいリスニング力を維持する必要あり。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
文法については完璧に理解してから来た方が良かったと感じる。文法の授業などあるが扱う内容が偏っているのでその授業で文法力向上を当てにしない方が良い。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 翻訳業、言語教育業界
後輩へのアドバイス
この大学に限らずロシアは諸々の手続きが煩雑な上に遅いので確認や催促を怠らないことが重要。授業については最初にクラス分けテストが行われるがある程度ロシア語力がある人にとっては当てにならないので、実際に授業を受けてみて自分に合わないと感じたらすぐにクラスを変えた方が良い。留学時に伸ばすべきは語彙力と運用力であって文法知識ではない。文法は完璧に近く理解してからでないと少し時間の無駄が発生する。ちなみに自分の留学時には在学生留学生含め島にあるキャンパスで生活したが、今後市街地にある別のキャンパスに留学生の授業が全体移動するという噂があるので生活環境については変わる可能性が高い。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.