基本情報

国名 台  湾
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 国立台湾師範大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 中国語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 文学院
留専攻 台湾語文学科
留学期間
開始 2017-09-01
終了 2018-06-30

留学前

留学の目的 台湾アイデンティティに触れる、日本で学べないような台湾文化を学ぶ、中国語能力向上(特にスピーキングとリスニング)
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 中国語
レベル HSK4級レベル(派遣応募時)
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP http://ap.itc.ntnu.edu.tw/istudent/oia/commonstyle.jsp?sno1=2014082602&sno2=2014082608&sno3=2014090901
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 オンラインで個人情報記入後、交流協会へ提出
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 航空会社のネット
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 師大の履修登録専用ページにて登録
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 師大の交換生専用ホームページにて
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 591という台湾の家探しネットを活用、7月に現地に行って契約
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 外大で指定された保険、師大に推奨された台湾の保険(4カ月分)
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 A型肝炎、B型肝炎、おたふくかぜ、日本脳炎
語学強化を始めた時期 8月
語学強化方法 台湾のラジオを聞く、台湾のYoutubeを見る
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
学期始まり
10月
中秋節、国慶節
11月
中間試験、運動節
12月
年越し
1月
期末試験、冬休み始まり
2月
旧正月、学期始まり
3月
国際文化節
4月
清明節、中間試験
5月
6月
端午節、期末試験
留学生科目
科目名 中國飲食文化
使用言語 中国語
科目名 國語中心-學期班
使用言語 中国語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 電影英文
使用言語 英語、中国語
科目名 天文漫談
使用言語 英語
科目名 台灣文化概論Ⅰ・Ⅱ
使用言語 中国語
科目名 台灣飲食文學
使用言語 中国語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 月10000元プラス電気代
支払い方法 手渡し
部屋人数(人部屋) 一人
家族・同居人(人) 一人
門限 なし
食事 外食
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 1Km
大学までの所要時間 徒歩10-15分
応募方法 591で検索後、不動産屋に連絡
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) バス停、地下鉄駅、カフェ、公園、飲料店、夜市
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 ポット、洋服掛け、乾燥機、電子レンジ
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 マンションにいる守衛が連絡先を聞いてきた
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント ほかの大学に比べて食べ物の選択肢が少ない
図書館の評価
図書館についてのコメント 空調が効いている、DVDを借りて映画が見られる、声を出せるスペースがある
インターネットの評価
インターネットについてのコメント WiFiのつながりがいい教室と悪い教室がある
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 図書館内に師大グッズが売っているお店あり
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 与えられる情報はそんなに多くないが、こちらから聞きに行けば熱心に受け答えしてくれる
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント こじんまりとしていて立地も便利
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 勉強や課題、友達とご飯を食べるorカフェでおしゃべり、言語交換、サークルに参加
Weekend(休日の過ごし方) 旅行やちょっとした遠出、家で休む
おすすめスポット・旅行先など
環島
環島は電車で行きましたが、体力のある人は自転車でもできます。気になる駅でぶらり途中下車したり、各都市を一気に比較して回れるので楽しいです。何よりいい思い出になります!

金門島
厦門の近くにある台湾領土の島。マイナーな観光地ですが、海も山もきれいで食べ物もおいしいです。台湾本島とは少し違う雰囲気を感じられます。
目標
中国語力向上
その成果1
台湾文化を知る
その成果2
各地に旅行に行く
その成果3
今後の課題
英語力向上、自分の意見をわかりやすく伝えることの練習、中国語力の維持と向上
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
屋内の冷房が強く風邪をひき気味だったように思います。羽織るものを持ち歩くといいです。また、3食外食なので食生活は自分で管理しましょう。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 公務員
後輩へのアドバイス
・授業選択は早い者勝ちなので、履修期間は早めに履修登録しましょう。授業はぜひ勇気を出して台湾人と一緒に受ける授業も取ってみましょう。友達が増えると思います。
・ちょっとした連休などでどんどん旅行に行くといいです。おすすめは環島で一気に旅行することです。
・サークルに入るのをお勧めします!私は軽音に入っていましたが、部員みんな優しかったです。中国語を話す機会もぐんと増えます。
・居留証の在留期限に注意しましょう。もしできるなら申請時に滞在期間より長めに申請した方が余裕をもって帰国できます。ちなみに在留期限に違反するとペケがついて次台湾に入国するのがちょっと危うくなるそうです、、、
・留学中様々な困難に遭遇すると思いますが、意外とどうにでもなるので、リラックスして臨んでください!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.