基本情報

国名 イギリス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 リーズ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 マレーシア語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 言語・文化・社会学部
留専攻 異文化理解論・観光学・ビジネス
留学期間
開始 2017-09-08
終了 2018-07-07

留学前

留学の目的 1英語力向上、特にスピーキング
2 ゼミのために異文化理解・移民問題について考える。
3 将来の職業のために、観光学、国際ビジネスを受講する。
求められた語学力
英語TOEFL
英語 IELTS overall 6.5
その他
レベル
情報収集方法
先輩
HP
その他 BEO(リーズ大学日本事務局)
参考になるHP https://www.leeds.jp/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 自分でビザ申請ウェブページで申請。
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 JALで帰りの便も変更可能なオープンチケットを購入
履修登録を始めた時期 5月
履修登録方法 大学の履修登録ページで
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 大学の寮の申し込みページで
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 大学の寮のページ
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 大学が説明会を開いてくれるので、その通りにやれば大丈夫。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 イギリス英語リスニング、多読
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
新入生・留学生welcome event
10月
授業開始
11月
12月
クリスマス休暇(1か月)
1月
テスト期間またはレポート提出
2月
授業再開
3月
イースター休暇(1か月)
4月
5月
テスト期間またはレポート提出
6月
夏休み
留学生科目
科目名 English for Communication
使用言語 English
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Intercultural Competence
使用言語 English
科目名 Principle of International Business
使用言語 English
科目名 Discourse, Culture and Identity
使用言語 English
科目名 Approaches to Living Histories and Heritage
使用言語 English
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 約8万
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 1人。しかしキッチンは5人でシェア
家族・同居人(人)
門限 あり
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 ちょうどよい運動。
大学までの所要時間 徒歩20分
応募方法
近隣施設 コンビニ
スーパー
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 掃除用具
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 夜は1人で歩かないほうが良い。Heddingley地域全体やHyde Park, Leeds Kirkgate Market付近の夜は特に危ない。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント
図書館の評価
図書館についてのコメント 机・パソコンなどが豊富にあり、勉強にもってこいの場所。しかしテスト期間中は激混み。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント カフェや軽食、テイクアウトなど複数あり。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 留学生や本学生と出会うイベントが頻繁にある。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 大変充実した留学生活でした。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ソサイエティのイベント、友達と外食、ホームパーティーなど
Weekend(休日の過ごし方) 課題または予習
買い物
おすすめスポット・旅行先など
Scarborough, York はおすすめ
ほかにもManchester, Liverpool, Bridlington, New Castleに行きました。
Host Ukを使うと交通費だけでホームステイを体験できます。
友達と旅行ならAirbnbを使うと、素敵なおうちを貸し切れます!
目標
英語力向上、特にスピーキング
その成果1
異文化理解・移民問題について考える
その成果2
将来の職業のために、観光学、国際ビジネスを受講する
その成果3
今後の課題
・上達した英語力のキープ。
・自分が得意でない分野で発言するのはまだ苦手。
・プレゼン・スピーチはこれからも経験を積んで慣れていく必要がある。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
フラットメイトとあまりかかわる機会がなく、顔を合わせたときにHiといって終わる関係で止まってしまいました。大事な連絡があっても伝達手段さえなかったので、退寮時の掃除の分担を話し合うことさえなく、結局一人でやることになってしまいまいした。フラットメイトがイギリス人の新入生(私が唯一の留学生)だったこともあると思いますが、大学が始まったころの、9月・10月あたりはキッチンなどで過ごし、フラットメイトとコミュニケーションを取ればよかったと思います。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 観光業
後輩へのアドバイス
リーズ大学には、私たちがやりたい!と思ったことをかなえてくれるたくさんのチャンスが揃えられています。自分の興味があること、今まで知らなかった初めてのことなどに取り組むいい機会になるので大いに利用してほしいです。また、そのためには自分に合った情報を見逃さないこと。大学からのお知らせ、ウェブページ、Facebook,リーズのイベント情報などこまめにチェックするようにするといいと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.