基本情報

国名 フランス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 パリ政治学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 フランス語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 経済
留専攻
留学期間
開始 2017-08-24
終了 2018-07-17

留学前

留学の目的 語学力向上。
ヨーロッパ視点での経済学を学ぶ。
人種多様性を肌で感じる。
求められた語学力
英語TOEFL
英語 B2以上
その他
レベル B2以上
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 フランス大使館
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 エールフランス
履修登録を始めた時期 7月
履修登録方法 オンライン
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 5月
住居探し方法 先輩
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 留学先大学経由
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
秋学期授業開始
12月
秋学期授業終了
1月
春学期授業開始
5月
春学期授業終了
留学生科目
科目名 Intermediate macroeconomics
使用言語 英語
科目名 Intermediate microeconomics
使用言語 英語
科目名 Econometrics
使用言語 英語
科目名 International trade and globalization
使用言語 英語
科目名 data analysis
使用言語 英語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ホームステイ
家賃 450
支払い方法 現金(手渡し)
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 1人
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 1時間弱
応募方法 先輩の紹介
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント カフェテリアで買えるのはコーヒー・サンドイッチ程度。platが食べたければ徒歩10分ほどにあるcrousのレストランに行く必要がある。学校周辺は高いので外食はお勧めしない。
図書館の評価
図書館についてのコメント 席数は少なく、フローリングに座る人が多数いる。パソコンはすべてMacで動作は遅め。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント キャンアス内でのネットは問題なし。速度は、レポート作成等の作業に影響が出るほど遅くはない。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 実際に利用していないが、友人曰く、物によっては本の注文から届くまでに1か月ほどかかるらしい。英語の教材等は輸入の関係で、イギリスなどから取り寄せるらしく、その際の発送手続きなどで送れる模様。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 欠席証明は休むごとに必要になるらしく、例えば風邪等で長期で休んだ場合も、同じ授業を2回以上休む場合には一回ごとに違う欠席証明(病院の診察書等)が必要になる。語学の授業は週に2回あるので特に注意が必要。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 学内環境は非常にシンプルで、長時間滞在するにはあまり向いていない。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方)
Weekend(休日の過ごし方)
おすすめスポット・旅行先など
目標
語学力の向上
その成果1
経済学
その成果2
多様性
その成果3
今後の課題
身についたスピーキング力を衰えさせないためにも、友人との連絡を通したり、大学のセッションを通したりして維持を図る。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
語学に関しては、単語をもっと入れておくべきだったと思う。専攻科目に関しても、事前に日本語の参考書を一読しておくと授業がもっと簡単だったと思う。

帰国後

進路予定
留年
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
留学前に、自分の目標を明確にしておくこと。それを他人に共有することで、目標達成のモチベーションが上がると思う。留学中は頼れる人が限られ、一人で過ごすことが多くなるかもしれないが、できるだけ外に出て友人と接し、一緒に作業をするとよいかもしれない。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.