基本情報

国名 オランダ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ライデン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北アメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 4
留学先
学部 Humanities
留専攻 Linguistics
留学期間
開始 2017-08-25
終了 2018-06-19

留学前

留学の目的 英語学の知識を深める
第二言語である英語が、オランダ社会でどのようにオランダ語と共存しているかを観察する
求められた語学力
英語TOEFL
英語 IELTS 6.5
その他
レベル
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP 大学の公式ホームページ
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 大学の指示に従う
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 生協で注文
履修登録を始めた時期 5月
履修登録方法 大学担当者にEメールを送る
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 5月
住居探し方法 大学を通して
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 外大でのガイダンスに参加した
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 オランダ語を独学で始める
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容 防寒具をそろえる

留学中

学年暦
1月
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 The Syntax of English
使用言語 英語
科目名 The Phonetics of English
使用言語 英語
科目名 English Syntax and Syntactic Argumentation
使用言語 英語
科目名 Language Change
使用言語 英語
科目名 Dutch Debates-Topical Questions in Current Society, Culture 1
使用言語 英語
居住環境
居住環境 アパート
ルームシェア
家賃 月5万ほど
支払い方法 デビットカード
部屋人数(人部屋) 2人部屋
家族・同居人(人) 1人
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 2.4kmほど
大学までの所要時間 自転車で10分ほど
応募方法 大学を通して
近隣施設 スーパー
薬局
その他の近隣施設) 自転車店、パン屋、カフェ
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 小さなソファ
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 特になし
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント サンドイッチ、スープ、果物、ヨーグルト、飲み物などを販売
図書館の評価
図書館についてのコメント 本を借りる時はオンラインでのリクエストが必要
インターネットの評価
インターネットについてのコメント あまり不自由はなかった
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント Humanitiesの建物内にはカフェと食堂しかない
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 履修については慎重に連絡を取った方がよい
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 落ち着いて勉強できる
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予習と課題
料理
日本語学科の学生との交流
サッカーの練習
Weekend(休日の過ごし方) ライデンの中心部へ出たり、ハーグや他の町へ行く
サッカーの試合(ほぼ毎週日曜日)
お菓子作り
おすすめスポット・旅行先など
ライデン市内全体
Keukenhof公園 (チューリップがきれいらしい)
Het Loo Palace
Rijks Museum
Efteling (遊園地)

目標
英語学の知識を深める
その成果1
現地人の言語使用を観察
その成果2
英語コミュニケーションの上達
その成果3
今後の課題
オランダでは、学生に限らず国民全体の英語力が高く衝撃を受けた。留学を通して、英語で話すことに対する抵抗は減ったが、自分の考えを筋道立てて、場面にふさわしい形式で流暢に表現するにはまだまだ努力が必要だと感じた。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
就職活動に必要なものを何も持ってきていなかった。私は教員志望だったためそこまで問題はなかったが、テストは6月まで続く場合があるので、写真など準備しておいた方が良いかもしれない。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 英語教員に内定
後輩へのアドバイス
ひとそれぞれ目的は違うと思いますが、定期的に自己反省をするのは留学を有意義なものにする上で大切だと思います。
上手くいかないことがあった時には、親しい友達と思い切り楽しんだり、家族の力をかりるのも良いと思います。1年間は、山あり谷ありだからこそ思い出深いものになると思います。留学を志望した時の気持ちを忘れず、元気に頑張ってください!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.