基本情報

国名 ブラジル
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 パラナー連邦大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ポルトガル語(西南ヨーロッパ)、ポルトガル語(ラテンアメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 文学部
留専攻
留学期間
開始 2017-07-31
終了 2018-07-06

留学前

留学の目的 ①ポルトガル語の上達
②ブラジルの社会・文化・人の中で一年間過ごし、ブラジルをより知る
③研究課題への取り組み
④自らの価値観の再考
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP 大学のHP,大学付属語学学校のHP, Facebook
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 必要書類を早めにそろえ領事館で申請
航空券を準備した時期
航空券準備方法
履修登録を始めた時期 3月
履修登録方法 大学指定の用紙に記入、メールで留学担当課に提出
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 Facebookのシェアルーム募集グループから
保険に加入した時期 6月
保険加入方法
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 黄熱、狂犬病、A型肝炎、B型肝炎
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 単語・文法の見直し
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
学部2学期開始
8月
語学学校1ターン目開始
10月
語学学校1ターン目終了
10月
語学学校2ターン目開始
12月
語学学校2ターン目終了
12月
学部2学期終了
1月
語学学校3ターン目開始
2月
学部1学期開始
3月
語学学校3ターン目終了
3月
語学学校4ターン目開始
5月
語学学校4ターン目終了
6月
学部1学期終了
留学生科目
科目名 ポルトガル語
使用言語 ポルトガル語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 文学導入
使用言語 ポルトガル語
科目名 日本語教育の応用言語学
使用言語 ポルトガル語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ルームシェア
家賃 約3万円/月
支払い方法 手渡し
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 各自自炊または外食
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩30分
応募方法 Facebookのグループ
近隣施設 銀行
郵便局
薬局
その他の近隣施設) ショッピング
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 夜に公園の近くは歩かない
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント とても安いが飽きる
図書館の評価
図書館についてのコメント 本が少ない。システムが複雑
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 普通
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 談話・勉強するのに良い
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 頼めば色々手伝ってくれるが、遅れる
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 心地よく勉強できる環境ではある
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 買い物。自炊。勉強。同居人と会話。たまに同居人や友人とバーなどに行く。
Weekend(休日の過ごし方) 観光名所や市場、ショッピングなどを訪問。友人と食事。勉強。長期の場合は他州に旅行。
おすすめスポット・旅行先など
Mercado Municipal(大きな市場), Largo da Ordem(バーがたくさん、大規模な日曜市), Florianópolis(サンタカタリーナ州の観光地、海が綺麗), Salvador(バイーア州の観光地)
目標
ポルトガル語の習得
その成果1
ブラジルをより知る
その成果2
自らの価値観の参考
その成果3
今後の課題
・ポルトガル語力のさらなる上達(専門用語等)
・英語の再復習
・今後の進路について、留学の経験を踏まえ再考
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
特になし。程よい緊張と忍耐力があれば問題ない。

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
ブラジルは訪れないと分からないことがたくさんある。無駄に警戒したり不安になって行動の範囲を狭めることはせず、やってみたいと思うことをやって許される環境を存分に活用すること。現地人とのコネクションを強く持つこと。人それぞれ全く違う体験をするから、自分の経験を大事にすること。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.