基本情報

国名 アイルランド
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 アイルランド国立大学コーク校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 モンゴル語
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2018-08-31
終了 2018-12-27

留学前

留学の目的 現地の文化、生活に触れながら、現地の生徒と同じ授業を受ける中で自身の英語読解力、専門用語などの理解力を高めたい。また、ゼミでも専門にしているギリシア神話等の文学の授業を外国で行われている視点からも学びを深めたいと思う。
求められた語学力
英語TOEFL
英語 IELTS6.5以上
その他
レベル
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 事前ビザの申請は必要ないが、残高証明の準備、現地でIR Pを申請する必要がある
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅行代理店
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 大学ホームページ
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 1月
住居探し方法 前回滞在したホームステイ先に再度自分で連絡を取った
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 付帯海学
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 専門用語の予習
その他の準備を始めた時期 6月
その他の準備内容 留学期間の住居等の管理

留学中

学年暦
9月
オリエンテーション、Autumn Semester 開始
10月
Midterm exam
12月
Autumn semester final exam
1月
留学生科目
科目名 Ancient Ireland
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Greek Mythology
使用言語 英語
科目名 The Archaeology of Early Medieval Ireland and Britain
使用言語 英語
科目名 Hitler, Nazism and the Holocaust
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ホームステイ
家賃 週170ユーロ
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 3人
門限 なし
食事 朝食、夕食
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 程よい
大学までの所要時間 バスと徒歩で30分
応募方法 直接連絡
近隣施設 コンビニ
銀行
郵便局
薬局
その他の近隣施設) レストラン、パブ、スタジアム
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
クローゼット(共有)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 特に無いが、強いて言うなら深夜の酔っ払いには注意
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安めではあるが、混みがち
図書館の評価
図書館についてのコメント 広くて快適、ほんま豊富
インターネットの評価
インターネットについてのコメント たまに接続不良があるが、良好
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 基本何でも揃う、服類も豊富
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント とてもよい
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント とても良い
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友人とパブに行ったり、地元のサッカーチームの試合観戦、買い物など
Weekend(休日の過ごし方) 少し遠出したり観光をしたり、パーティー等への参加
テスト前等には図書館へ
おすすめスポット・旅行先など
ダブリン、コーク近辺、各県にある古城跡など
自然と歴史が豊富
目標
現地の文化、生活を不自由なく送る
その成果1
現地の生徒と授業を受け、遅れを取らないようにする
その成果2
アイルランドの歴史についての知識を増やす
その成果3
今後の課題
留学先で新たに得た生活に対する姿勢、また、海外の授業への参加で得た新しい勉強内容に対する視点等を生かしながら卒論、卒業後等へ向かいたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
持っていった物が壊れてしまうことがあったので、現地で購入できるものとそうで無いものを事前に確認しておくべきであった。

帰国後

進路予定
進学(国内)
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
わからないことや不安な事は大学に聞くのが一番良いです。何事も早めの準備が良いと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.