基本情報

国名 ベトナム
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ハノイ国家大学・人文社会科学大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ベトナム語
学年 3
留学時学年を選択 2
留学先
学部 ベトナム語学部
留専攻
留学期間
開始 2018-03-28
終了 2019-01-28

留学前

留学の目的 語学力の向上、ベトナム社会を深く理解し、卒業論文のテーマ探しをする、海外に身をおき異文化への理解を深める。
求められた語学力
英語TOEFL 特になし
英語 日常会話レベル
その他
レベル
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP http://vsl.edu.vn/en/academics/vietnamese-language-courses
留学準備
ビザ申請を始めた時期 2月
ビザ申請方法 現地の大学の担当者とメールでやり取り。
航空券を準備した時期 3月
航空券準備方法 ネットで予約
履修登録を始めた時期 3月
履修登録方法 現地についてから、直接大学の担当者と相談
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 2月
住居探し方法 先輩の紹介
保険に加入した時期 2月
保険加入方法 大学の説明会で指示された保険にネットから加入
予防接種を受けた時期 2月
予防接種の種類 A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、腸チフス、日本脳炎
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 参考書を購入
その他の準備を始めた時期 3月
その他の準備内容 日用品や薬、日本食の準備

留学中

学年暦
3月
ハノイ到着後、すぐに授業開始。
4月
中間テスト。大学主催の1泊2日旅行。
5月
原因不明の高熱で倒れる。
6月
期末テスト。夏休み開始。
7月
日本に一時帰国。ハノイに戻った後は、インターンシップに参加。
8月
インターンシップに参加
9月
インターンシップに参加、社員旅行に同行。
10月
新学期スタート。
11月
休日を利用し、2つの駅伝大会に参加。
12月
中間テスト
1月
期末テスト。帰国。
留学生科目
科目名 ベトナム語B
使用言語 ベトナム語
科目名 ベトナム語c
使用言語 ベトナム語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名 マルクスレーニン主義の基本原理
使用言語 ベトナム語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ホームステイ
家賃 220ドル(電気代別)
支払い方法 直接現金払い
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 2人
門限 あり
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 500メートル
大学までの所要時間 4分
応募方法 先輩の紹介
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 夜遅くまで出歩かない
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント バインミーが美味しい。軽食がとれる。
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント ややwifiが弱い
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 空いていないこともしばしば。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 非常に親切に対応してくれる。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 様々な国籍の人たちが学びに来ていて、刺激的だった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) カフェで予習、復習、宿題など。
バスに乗って、市内を探検。
自炊や部屋の掃除など。
Weekend(休日の過ごし方) ボランティア活動、旅行、ベトナム人の友達とカフェでお茶、などなど。
おすすめスポット・旅行先など
Ninh Binh:ハノイから2時間。陸のハロン湾と呼ばれています‥!
Moc Chau:11月、白いhoa caiが満開できれいです。
Mui Ne:ホーチミンから車で5時間ほど。砂漠など絶景です。
目標
語学力の向上
その成果1
異文化への理解を深める
その成果2
卒業論文のテーマ探し
その成果3
今後の課題
帰国後も、語学力が衰えないよう引き続き学び続ける姿勢が大事であると感じています。また、ベトナムで出会った人たちとのご縁が今後も長く続くよう、こまめに連絡を取り続けたいと思います。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
定期的に(2~3か月に1回)原因不明の高熱が出ました。
何が起こるか分からないので、薬などは多めに持って行ったほうがいいと思います。また、海外保険の提携先病院の場所は事前に把握しておくと安心だと思います。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 メーカー(化学)など。
後輩へのアドバイス
ベトナムではFacebookの利用が非常に盛んで、イベント情報やクラブ活動情報なども、Facebookを通じて流れてきます。Facebookを使いこなせると、現地で交流の輪も広げやすいと思います。また、ベトナム人は、フレンドリーな人が多いので、友達もできやすいと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.