基本情報

国名 ポルトガル
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 リスボン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ポルトガル語(西南ヨーロッパ)、ポルトガル語(ラテンアメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 文学部
留専攻
留学期間
開始 2018-08-28
終了 2019-06-25

留学前

留学の目的 ポルトガル語力、特に会話力の向上。
卒論内容の模索。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 特になし
レベル
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP リスボン大学ホームページ
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 ポルトガル大使館で直接申請
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行代理店にて
履修登録を始めた時期
履修登録方法
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 4月
住居探し方法 リスボン大に質問した
保険に加入した時期 5月
保険加入方法 外大の説明会を通して
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期 7月
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
中旬に1学期開始
10月
中間テスト
11月
12月
期末テスト
1月
冬休み
2月
2学期開始
3月
下旬に中間テスト
4月
イースター休み
5月
初旬に期末テスト
6月
夏休み
7月
夏休み
8月
夏休み
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 映画の歴史
使用言語 ポルトガル語
科目名 日本文化
使用言語 ポルトガル語
科目名 ポルトガルとアジアの関係
使用言語 ポルトガル語
科目名 言語習得理論
使用言語 ポルトガル語
科目名 イタリア語
使用言語 イタリア語
居住環境
居住環境 アパート
ルームシェア
家賃 65000円
支払い方法 毎月銀行振込
部屋人数(人部屋) 1人部屋
家族・同居人(人) 3人
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 1.5km
大学までの所要時間 徒歩15〜20分
応募方法 Uniplaces
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) レストラン・カフェ、公園、駅
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 食器洗い機、食器・料理器具類、掃除道具、ソファ
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 治安は良いが、暗く狭い道は避けた方が良い
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 2.5€の安さでお腹いっぱいになります。
図書館の評価
図書館についてのコメント 日曜は閉館なのが残念ですが、9〜21時と長時間開いています。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 繋がると強いですが、繋がるときと繋がらない時があって不安定でした。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント たくさん売店的なカフェがあります。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 質問すれば丁寧に対応してくれます。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業が正午で終わってしまう時はそのまま夕方まで図書館へ行って予習や復習、自学などの勉強をしたり、余裕があるときは少し街へ出て散歩をしたりしました。予定が合えば授業や友達を通して知り合った友達とコーヒーを飲んだりしました。日によっては16時や18時に終わることがあったのでその時は直帰してスーパーへ行ったり、自炊したりしました。
Weekend(休日の過ごし方) 土日や祝日にはもちろん予習復習をしましたが、観光をなるべくするように心がけました。あまり遠出はできませんからリスボン近郊の都市へいくことがありました。ポルトガル人の友人たちと遊ぶことも多かったです。
おすすめスポット・旅行先など
近郊だと
Baixa-Chiado
Centro comercial Colombo
Sintra
Setúbal
Rio Tejo
Casais
目標
ポルトガル語力の向上
その成果1
卒論内容の模索
その成果2
その成果3
今後の課題
せっかくなかなか経験できない長期留学を通してポルトガル語力を上げることができたので、日本へ帰っても継続的に勉強して衰えないようにしたい。特に会話力は一番顕著に衰えていくものだと思っているので、スピーキングセッションに参加するなどできることをやっていきたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
特に困ったことはなかった。

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
長期留学は行く前や渡航直後は本当に先が長くて不安ばかりに感じると思います。実際私も含め友人の殆どがそう言っていました。そのような時は留学経験者の先輩などにお話を聞くととっても心が落ち着きますよ。実際私も辛い時先輩にとっても助けられました。それに始まってしまえば本当に充実していてあっという間に過ぎていくものです。 辛いこともあるかもしれませんが、それ以上に楽しく有意義な時間が待っていると思います。応援しています。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.