基本情報

国名 ポルトガル
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 リスボン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ポルトガル語(西南ヨーロッパ)、ポルトガル語(ラテンアメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 言語文化
留専攻 文学
留学期間
開始 2018-09-17
終了 2019-05-10

留学前

留学の目的 言語能力の向上と現地の暮らしに触れること。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 大使館に電話をして申請の予約をする。HPに書いてあるよりもずっと時間がかかるので、連絡するのは早ければ早いほどいいと思います。
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 HIS窓口に行き最適な便を手配してもらった。先過ぎるチケットは取れないと言われたので、帰りの分をオープンチケットにし、滞在中に電話で帰りの便の日程を確定させた。
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 オリエンテーションの日に配られた紙に希望の授業を書き、提出。
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 4月
住居探し方法 大学に問い合わせておすすめされたサイトで条件に合う住居を探し、そのサイト経由で大家さんに連絡をした。リスボン大近辺なら、campo grande,entrecamposあたりが治安も悪くなく、徒歩で無理なく通えると思う
保険に加入した時期 6月
保険加入方法
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 学校の教材の最初から、見落としがないかやり直した。
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
九月末から授業が開始
12月
一学期が終わり、クリスマス休暇が開始
1月
成績開示、再テスト 月末から二学期が開始
4月
一週間ほどイースター休みがある。
5月
月始に2学期が終わる。成績開示と再テスト
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Literatura Portuguesa e Outra Literatura
使用言語 ポルトガル語
科目名 Estudos Pessoanos
使用言語 ポルトガル語
科目名 Sintaxe
使用言語 ポルトガル語
科目名 Estudo da Linguagem Humana
使用言語 ポルトガル語
科目名 Relação; Portugal e Àsia
使用言語 ポルトガル語
居住環境
居住環境 ルームシェア
家賃 375ユーロ
支払い方法 手渡し
部屋人数(人部屋) 1人部屋
家族・同居人(人) 14人でフラットを共有
門限 なし
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 2km
大学までの所要時間 徒歩30分、メトロ使用で15分
応募方法 Erasmus Lisboaというサイトで予約
近隣施設 銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設) 闘牛場、美術館
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 ハンガーやリネンが部屋についています。平日は毎日共有スペースに清掃が入ります
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 観光地のスリや、たまに話しかけてくるとうわさの薬の売人くらいだと思います。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 留学生は文学部に所属することになりますが、法学部の学食が安価で種類が豊富です。文学部に複数あるカフェのパンやコーヒー、甘味はどれもおいしかったです。
図書館の評価
図書館についてのコメント 朝から21時近くまで空いています。貸し出しもでき、Wi-Fiやコンセント(壊れていることも多いですが)もあり、自習している生徒が多くいます。閉まるのは少しだけ早めですが土曜日も空いています。探せばどこかしらの空いているのでとても便利です。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 時々つながらないこともありましたが、放っておけばすべての建物で自動につながります。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント とても小さいうえに品揃えが不思議です。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 基本的に先生方にも運営の方にもとてもよくしていただきました。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント とても過ごしやすかったです。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 図書館で自習をする
自宅で夕食を作る
Weekend(休日の過ごし方) 散歩をしたり、Baixa-Chiado地区に買い物に出るなど。
おすすめスポット・旅行先など
porta do solの展望台、テージョ川沿いの土手は何度行ってもよいです。アクセスが良いので、どこにでも行けるのがいいところだと思います。
目標
会話能力の向上
その成果1
文化へ親しむこと
その成果2
その成果3
今後の課題
いまだに語彙力の欠如をひしひしと感じるので、持ち帰った本をはじめ、読む経験を積み続けなくてはならない。スピーキングを忘れぬように外大のセッションに通うなど、話す機会を大事にしたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
日常でつかう道具の語彙などをほとんど知らなかったこと。それからポルトガル語のポルトガル方言の発音にもっと親しんでおくべきだった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 広告業界
後輩へのアドバイス
とても住みやすい街なので、治安や気候について必要以上に心配する必要はないかなと思いました。学習環境も整っています。ビザ申請に関して、大使館のホームページの情報と実情がかみ合っておらずひやひやしたので、そこだけは早めに電話をし、申請時の持ち物についても質問があればそのまま電話で確認することを強く勧めます。留学生のポルトガル語コースはオプションで半期ごとにお金を払って受けることができます。文法については習ったことばかりといえますが、ポルトガルでしかしない表記を叩き込まれたり、日常で疑問を持ったことを質問できます。学部の授業と違いとてもインタラクティブなので、発話に自信がなく時間や予算に余裕があるなら取っても良いのではないかと思います。私は前期のみ受講しました。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.