基本情報

国名 タ  イ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 シーナカリンウィロート大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 タイ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 人文学部
留専攻
留学期間
開始 2018-08-03
終了 2019-05-31

留学前

留学の目的 タイ語の力の向上のため。タイに住み、文化・社会をより知るため。
求められた語学力
英語TOEFL 特に必要なし
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 必要書類を用意し、タイ日本大使館で申請
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 ネットで購入
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 興味のある授業に参加させてもらい、授業の先生、担当の先生にサインをもらい登録する。
入寮申込みを始めた時期 8月
入寮申込み方法 指定された寮などは無かった。
住居探しを始めた時期 8月
住居探し方法 アパートをタイ人に手伝ってもらいながら自分で探した。
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 大学の進める派遣留学生のための保険に入った。
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 狂犬病、B型肝炎、破傷風
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 タイ語のニュース放送を聞くなど
その他の準備を始めた時期 7月
その他の準備内容 持ち物の確認など

留学中

学年暦
8月
一学期目開始 履修登録
9月
10月
中間テスト
11月
期末テスト
12月
月末から休暇
1月
二学期目開始 履修登録 
2月
3月
中間テスト
4月
5月
期末テスト
6月
プログラム終了 帰国
留学生科目
科目名 THAI FOR BUSINESS
使用言語 タイ語
科目名 THAI STUDIES FOR FOREIGNERS
使用言語 タイ語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 THAI HISTORY FOR SOCIAL STUDIES
使用言語 タイ語
科目名 ASEAN
使用言語 タイ語
科目名 THAI FOLK DANCE
使用言語 タイ語
科目名 JAPANESE INTERPRETATION
使用言語 タイ語・日本語
科目名 BUDDHISM AND THE THAI CULTURE
使用言語 タイ語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 月家賃 7500バーツ
支払い方法 現金支払い
部屋人数(人部屋) 一人部屋
家族・同居人(人) 一人暮らし
門限 なし
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 3.3キロメートル
大学までの所要時間 MRT と徒歩で30分以内
応募方法 友達の紹介してくれた場所を内見、その場で契約
近隣施設 コンビニ
スーパー
薬局
その他の近隣施設) 大型ホームセンター、フードコート、ナイトマーケット
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備                                                                                                                                                                                              
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 バイクタクシー、車通りが激しいため注意が必要。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安い。火曜日と木曜日は市場が出るので食べ物の選択肢は豊富。
図書館の評価
図書館についてのコメント 古い本が多かったように思う。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント wifiはあまり使用しなかったためわからない。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 必要なものはそろっている
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 何かあったら相談はしやすいと思う。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 特別困ることは無かった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) テスト期間や課題があるときはカフェなどで作業を行った。また、友達と約束をして買い物や夕食に行くことも多かった。
Weekend(休日の過ごし方) 友達と出かけたり、夕ご飯を食べたりした。
おすすめスポット・旅行先など
チェンマイやナーン県は街が大きすぎず小旅行にはいいと思った。今回の留学では行かなかったがクラビの海はきれいだと友達から聞いた。
目標
全体的なタイ語の力の向上
その成果1
現地の友達をつくり、多くの事に触れる
その成果2
国内の政治などニュースに関心を持つ
その成果3
今後の課題
タイで学んだことを今後にどのように活かすか。学んだ単語やレベルアップさせた言葉の力を忘れないように維持したい。
また、卒業論文のためにも、留学時の興味や経験をまとめて振り返りたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
ビザの更新時に職員がパスポートにサインをし忘れていたことが90日レポート提出時に判明し、再びイミグレーションにサインをもらいに行かなければならないことがあった。ビザ更新手続き後に何か漏れがないか、友達と書類やパスポートを比べ確認し合ったりするといいかもしれない。また、ファブリーズのようなものが売っていないようなので、必要であれば持って行くべき。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 現段階では絞り切れていない。
後輩へのアドバイス
日常生活のなかで新しく学んだ単語は携帯に書き留めておくと見返せてよい。タイ人の友達や他の国の留学生と多く関わるとタイ語の勉強になるし、特に日本語を勉強していないタイ人と沢山関わる機会があると尚良いと思う。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.