基本情報

国名 イタリア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ローマ大学 ”ラ・サピエンツァ”
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 イタリア語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 Lettere e filosofia/Humanities
留専攻 Critica letteraria
留学期間
開始 2018-08-30
終了 2019-06-23

留学前

留学の目的 ・イタリア語を「話す」能力の増強
・イタリア文学について学習すること
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
HP
パンフレット
その他
参考になるHP ウェブサイト BUONO! ITALIA https://buono-italia.com/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 大使館ウェブサイトより訪問日時を予約→書類提出→ビザ受け取り
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 旅行代理店にてオープンチケットを購入
履修登録を始めた時期 6月
履修登録方法 受講のための履修登録は不要のため、学期末の試験前にinfostud(ローマ大の学務情報システム)より試験を予約
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 1月
住居探し方法 留学していた先輩より引き継ぎ
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 学研災
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 授業をまじめに受ける
その他の準備を始めた時期 7月
その他の準備内容 持っていくものを揃えるなど

留学中

学年暦
1月
留学生科目
科目名 Lingua italiana per stranieri
使用言語 イタリア語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名 Lingua e letteratura giapponese Ⅱ
使用言語 イタリア語
科目名 Critica letteraria e analisi testuale
使用言語 イタリア語
科目名 Storia della moda
使用言語 イタリア語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 €490/mese
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) ソロ
家族・同居人(人) 大家さん、その息子
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 メトロB線で8駅、30分ほど
大学までの所要時間 Door to doorで50分
応募方法 早いうちに先輩にお声かけ
近隣施設 スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 テレビ
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 利用していない
図書館の評価
図書館についてのコメント 24時間利用できる図書館もある
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 留学生が多く、個別のサポートは少ない。チューター制度もない
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 「イタリアの大学ってこんな感じか...」と思わずため息をつくようなことも多い。学務情報システム上の情報が間違っている、授業開始日に教授が来ない、教材がなかなか届かない、など。こういったことは特に新学期に多発。みんな落ち着いて対処しているので、慌てたりイライラせず、のんびり構えることが大切。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ローマ観光、友人とショッピング
Weekend(休日の過ごし方) イタリア国内旅行、友人のパーティーに参加
おすすめスポット・旅行先など
-Galleria nazionale dell’arte moderna
ボルゲーゼ公園に面した美術館。未来派のバッラの作品、クリムト、モネ、デ・キリコなと面白い作品が多い。
ここに限らず、国立の博物館・美術館は毎月第1日曜日には入館が無料になる。

-Teatro dell’opera
テルミニ駅から徒歩10分ほどのところにあるオペラ座。オペラはモダンな演出も多く楽しめる。上演言語&英語の字幕付き。

-Giardino degli aranci
芝生のうえでのんびりできる、ローマの若者のおすすめ公園。かなり階段を登るが、夕暮れの景色は素晴らしい。

-via del corso
ポポロ広場〜スペイン広場近くまでのびるショッピングストリート。地元の若者御用達のお店も多い。

その他、ナポリ、フィレンツェ、ボローニャ、ミラノ、ヴェネツィア、シチリアなどへ国内旅行
目標
イタリア語を「話す」スキルの向上
その成果1
イタリア文学の知識をつける
その成果2
その成果3
今後の課題
イタリア語スキルの維持
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・日焼け止め
SPF値が高く安いものはイタリアにはない。日本で買っていこう。

・飛行機のオープンチケットについて
ルフトハンザ・ドイツ航空のオープンチケット(往復で購入し、帰りの便の日付を後から指定できるタイプのチケット)を購入。5月末ごろにルフトハンザのイタリア支店に電話をし、帰りの便を7月上旬におさえようとしたが、その時期はバカンスで混雑しているため、追加料金が3000ユーロと言われてしまった。日本の旅行代理店と相談し、まだ空きのある6月末の便を45ユーロでおさえられたが、オープンチケットの場合、帰りの便は早めにおさえるべき。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
イタリア式の洗礼を受け、戸惑うこともあると思いますが、イタリア人的にのんびり構えることが大切です。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.