基本情報

国名 ベトナム
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ハノイ国家大学・人文社会科学大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ベトナム語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 ベトナム語学部
留専攻
留学期間
開始 2018-10-01
終了 2019-06-16

留学前

留学の目的 ベトナム語能力の向上、卒論テーマ探し
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 現地大学とメールでやり取りし、その後ベトナム大使館で受け取り
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 インターネット上で購入
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 大学の先生と相談して
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 7月
住居探し方法 先輩からの紹介
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 学研災に加入
予防接種を受けた時期 5月
予防接種の種類 A型肝炎、B型肝炎、狂犬病
語学強化を始めた時期 9月
語学強化方法 語彙強化
その他の準備を始めた時期 9月
その他の準備内容 日用品や薬などの準備

留学中

学年暦
9月
ベトナム渡航
10月
1学期開始
12月
中間テスト
1月
期末テスト、1学期終了
2月
テト休み中に一時帰国
2月
2学期開始
4月
中間テスト
6月
期末テスト、2学期終了
留学生科目
科目名 ベトナム語 cレベル
使用言語 ベトナム語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名 アジア・太平洋間の国際関係
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 360ドル(電気水道代は別)
支払い方法 現金(ベトナムドン)を手渡し
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) なし
門限 あり
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩10分
応募方法 現地不動産会社を通じて
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(部屋)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 バイクが多いので道を渡る時に注意が必要、街灯が暗いところは夜遅くには歩かない
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント バインミーやペットボトル飲料を買える
図書館の評価
図書館についてのコメント 本キャンパスにあり、遠いため不便
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 教科書を購入できる
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 親切に対応してくれるが、遅い
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント レベルによっては生徒数が少なく、プライベートレッスンのように勉強することができた
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予習復習、市内散策、部屋の掃除、ベトナム人と遊ぶなど
Weekend(休日の過ごし方) サークル活動に参加、ベトナム人とカフェで交流、家族と電話、旅行など
おすすめスポット・旅行先など
ハロン湾、チャンアン、タムダオはハノイから近くておすすめ。中部のダナン、ホイアンも余裕があれば行くべきだと思う。
目標
ベトナム語の能力向上
その成果1
卒論のテーマ探し
その成果2
ベトナム文化の理解
その成果3
今後の課題
様々な国籍の留学生と交流し、英語力がもう少し高ければなと感じたので、英語の勉強に力を入れたい。留学中にざっくりと決めた卒論のテーマをもう少し絞り、深く調べていくことも必要。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
大気汚染により咳が止まらなくなったり、食あたりにあったり、頻繁に風邪をひいたりしたことが大変だった。薬やビタミン剤を日本からかなり多めに持っていくべきだった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 金融系、公務員
後輩へのアドバイス
日本とは環境も食べものも全く違うため体調を崩しやすいので、健康管理にはしっかり気を付けておくといいと思う。また、空港の両替所でもぼったくりがあるので物の値段には常に注意しておくべき。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.