基本情報

国名 ロシア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 極東連邦大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語(ロシア)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 ロシア言語文化センター
留専攻 ロシア語
留学期間
開始 2018-09-17
終了 2019-05-19

留学前

留学の目的 専攻語であるロシア語力の向上
現地の生活文化の体感
異文化交流
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 領事館に行った
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 インターネット
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 メールで現地の担当者とやりとり
入寮申込みを始めた時期 8月
入寮申込み方法 メールで現地の担当者とやりとり
住居探しを始めた時期 8月
住居探し方法 メールで現地の担当者とやりとり
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 インターネットで
予防接種を受けた時期 8月
予防接種の種類 一般的なもの
語学強化を始めた時期 9月
語学強化方法 単語帳を見る程度
その他の準備を始めた時期 8月
その他の準備内容 生活用品。特にコンセントの端子には注意が必要。

留学中

学年暦
9月
授業開始。アジア人のクラス。6割中国人。2割ずつ日本人と韓国人。
4月
ロシア語検定試験第一レベル受験、合格。
5月
一か月時期を早めて帰国。
留学生科目
科目名 ロシア語 リーディング
使用言語 ロシア語
科目名 ロシア語 スピーキング
使用言語 ロシア語
科目名 ロシア語 リスニング/ビデオ
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講 不可
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 場所による。高いと月1万円程度で安いと2000円程度
支払い方法 ATM支払い
部屋人数(人部屋) 基本的には二人
家族・同居人(人) 1人
門限 なし
食事 自炊またはスタローバヤ、カフェなど
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 場所によるが、近いところは徒歩一分、遠ければバスで30分以上
大学までの所要時間 場所によるが、近いところは徒歩一分、遠ければバスで30分以上
応募方法 メールで担当者とのやり取り。渡航前には決まる。
近隣施設 スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) スタローバヤ
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 何もないといった印象。勉強に集中する環境としては最高。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 量は少ないが、値段の割には満足。
図書館の評価
図書館についてのコメント いわゆる留学先の図書館といった感じ。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 寮によってあったりなかったり。あっても質は低いので期待しないほうがいい。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 最低限のものしかない。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 優しいが、締め切りや期限を守られることはまずないので、「まあいっか」とすべてを流すことが大切。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント オフィスの人やほかの留学生が親切。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 町でカフェに入って勉強するか家で寝る。
Weekend(休日の過ごし方) イベントがあれば参加。アルバイトのようなものもした。日本人のコミュニティで紹介される。
おすすめスポット・旅行先など
カフェでのんびりするくらい。
目標
ロシア語力の向上
その成果1
英語力の向上
その成果2
パソコンの練習
その成果3
今後の課題
ロシア語に関してはそれなりに成長を実感できた。今後は特に忘れるスピードが速くなるので維持することが課題。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
日本食が恋しくなる。レトルトなど簡単に用意できるものが良い。友達にもあげられる。服やタオル、下着などは現地でいくらでも用意できるので本当に最低限で十分。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 IT志望
後輩へのアドバイス
真面目にきっちりやろうとすると精神が参ります。「まあいっか」とどんなことも水に流せるようになることが大切だと感じました。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.