基本情報

国名 ドイツ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ベルリン自由大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ドイツ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 Japanologie
留専攻
留学期間
開始 2018-09-01
終了 2019-07-14

留学前

留学の目的 ドイツ語力の向上
ベルリンでの生活、ベルリン自由大学での学生生活を楽しむこと
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
HP
その他 他大学からベルリン自由大学に留学した人の体験談(ネットで検索)
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 9月
ビザ申請方法 大学の留学生窓口を通じて
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 インターネットで調べて予約 往復券を買い、あとで復路チケットの日時を変更
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 大学のホームページから
入寮申込みを始めた時期 5月
入寮申込み方法 大学のホームページから
住居探しを始めた時期 5月
住居探し方法 大学のホームページから
保険に加入した時期 9月
保険加入方法 ネットで安いプライベート保険(CareConcept)に入り、大学の建物内にある公的保険会社(AOK)のオフィスで国民保険の免除を認める書類を出してもらった。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期
語学強化方法 外大の授業、基礎の復習
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
大学で6週間の語学コースを受ける
10月
語学コースが終わってすぐ学期が始まる
12月
クリスマス、年末休み
2月
テスト 冬学期終了
4月
夏学期開始
7月
テスト 夏学期終了
留学生科目
科目名 ドイツ語の語学の授業
使用言語 ドイツ語
科目名 留学生用の授業
使用言語 ドイツ語 B1またはB2
科目名 留学生用の授業
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 月600ユーロ弱
支払い方法 海外送金
部屋人数(人部屋) 一人
家族・同居人(人) 0人
門限 なし
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 大学が少し郊外でアパートは中心地寄りにあるので、少し遠いですが不便は感じませんでした。
大学までの所要時間 U-BahnのみもしくはS-Bahnに乗り換えて 約45分
応募方法 大学のホームページを通じて
近隣施設 スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) 公園、レストラン、カフェなど 地下鉄で少し行けばモールなどなんでもあります
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 冷房はないが暖房はある
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 地下鉄の線路にネズミがいたり、年末年始は花火のゴミがすごくて衛生環境がとてもいいとは言えません。物乞い・酔っ払い・不審者に話しかけられたり、変な人におそらくアジア人という見た目で心ないことを大声で叫ばれたりしたこともありましたが、日中のことでしたし、直接危害を加えられたことはありません。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 私は美味しいとは思いませんでした。食堂は昼時はやはり混んでいます。
図書館の評価
図書館についてのコメント 透明のバッグ以外のバッグを持ち込めないのが少し不便で、テスト前の時期はすごく混んでいて空いている席を探すのが大変です。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 学期初めに自分のデバイスにプロファイルを追加するやり方さえ分かれば問題ありません。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 大学で必要な文房具等を買うことができます。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント オフィスアワーが短いのでメールの対応が遅いです。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 最初に管理費などを支払うことによって、ベルリン中の電車・バス・トラムで使える定期券付きの学生証を発行できます。それがあればいつでもどこにでもいけるので、色々な場所やお店に、友人と、または一人で足を運びました。
春休みの後は、土地勘がついてきたのでよく散歩していました。
他はUni Sport・タンデム・宿題・プレゼンの準備・テスト勉強・資格の勉強など。
Weekend(休日の過ごし方) 基本的には放課後と同じですが、たまに国外旅行に行きました。
おすすめスポット・旅行先など
Rosenthaler Straße
Prenzlauer Berg
Ku'damm など(ベルリン市内)

ベルリンはFlixBusの始発点ですし、空港にもバスですぐいけるので便利でした。
目標
ドイツ語の語学力向上
その成果1
ベルリンでの生活を楽しむこと
その成果2
ベルリンの街を知ること
その成果3
今後の課題
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
直面した問題
・ヨーロッパのお役所気質
・寒さはそれほどでもなかったが、太陽光が日本に比べてとても眩しいので日々の生活・観光にサングラスが必要

やっておいてよかったこと
・色々な手続きに関する入念なリサーチをしたこと
・多めに現金でユーロを用意していったこと

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 検討中
後輩へのアドバイス
私は田舎より都会で一年を過ごしたかったのですが、ベルリンを選んで正解だったと思っています!
ドイツ語圏の派遣先の中でもどの大学・都市に留学するかによって得られる経験は全く異なるので、選考の前の大学選びがかなり大事だと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.