基本情報

国名 イ ン ド
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ジャドブプル大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ベンガル語
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部 比較文学部・ベンガル文学部
留専攻
留学期間
開始 2018-08-20
終了 2019-07-31

留学前

留学の目的 ベンガル語力の向上
文学中心に文化や地域社会について知を深める
求められた語学力
英語TOEFL
英語 事務手続きができる程度
その他 ベンガル語
レベル 最低限要望を伝えられるレベル
情報収集方法
先輩
先生
その他 事前に収集は難しい。
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 オンラインで申し込み後、大使館へ直接
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 ネットで
履修登録を始めた時期 5月
履修登録方法 先生と相談し、事前に受け入れ学部の長へメールでお伺いを立てる。
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 メールで
住居探しを始めた時期 12月
住居探し方法 ブローカーを通じて
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 学校指定
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 B型肝炎、破傷風
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 ネイティブの先生と雑談、復習
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
到着。授業開始が遅れているという話だったのに、すでに始まっていた。
9月
中間テストがはじまる
10月
ドゥルガプジャ。2,3週間授業は休み。
11月
2回目の中間テスト
12月
期末テスト
1月
新年早々に新学期開始
2月
中間テストがはじまる
5月
2回目の中間テスト
7月
期末テスト
8月
一般生徒の成績発表。
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 近代ベンガル文学1、2
使用言語 ベンガル語
科目名 ベンガルの詩と戯曲
使用言語 ベンガル語
科目名 ベンガルの物語と散文
使用言語 ベンガル語
科目名 インド古代文学
使用言語 英語など
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
アパート
家賃 ゲストハウス約Rs.33,000/アパート(シェア)Rs.9500を折半
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 2人(アパート)
門限 あり
食事 ゲストハウス:3食
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 バス、オートで10分、徒歩30分
大学までの所要時間 上記
応募方法 メール
近隣施設 病院
郵便局
薬局
その他の近隣施設) 生活するうえで最低限必要な物
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 大学外部のちょっと悪い人たちも大学に集まるので注意
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 簡単な食事。テーブルはほとんどない
図書館の評価
図書館についてのコメント なぜか総合図書館の使用資格が得られなかった。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 使えません
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 飲み物お菓子など。本屋は注文取り寄せしてくれる。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 直談判し根気強く通って催促、リマインドしなければ何もおきない
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 買い物、自習
Weekend(休日の過ごし方) 買い物、映画、宅飲み、旅行など
おすすめスポット・旅行先など
Art Gallery:西洋風の絵画と企画展が大体無料
Nandan:ベンガル語映画がRs.100以下
プリンセプガート:夕日がきれい
ボロバザールの方の中華街:中国系向けの食堂や朝屋台
ボロバザールの方のムスリム街:ビーフがおいしい

モンドルモ二・ディガ:ベンガル湾で海水浴、海鮮
プリー:きれいめな海で海水浴、海鮮
ダージリン:涼しい
リショップ:静か
目標
ベンガル語力向上
その成果1
文化・地域社会の理解
その成果2
その成果3
今後の課題
英単語で代替して話してしまうのでできるだけベンガル語だけで話せるようにする。
学んだ文学史、歴史を体系的に理解したい
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
とにかくプログラムへの理解が乏しく、学校での事務手続きが進まない。現在も必要書類が手に入っていない。
ネイティブの先生をもっと利用すべきだった。漫然と授業を受けていては、授業でも生活面でも苦労する。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 未定
後輩へのアドバイス
受け身でいては何も進まないので、何事も自分から動いて食らいついていってください。
手続きの流れ等をまとめたファイルがあるので、留学を検討している人がいたらお渡しします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.