基本情報

国名 その他
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合) ミャンマー
大学名 ヤンゴン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ビルマ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 国文学部
留専攻 国文学科
留学期間
開始 2018-12-03
終了 2019-08-30

留学前

留学の目的 ビルマ語
卒業論文に向けたテーマ選定及びリサーチ
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 ビルマ語
レベル 中級程度
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 11月
ビザ申請方法 大学側から入学許可証が届き次第ミャンマー大使館で申請
航空券を準備した時期 10月
航空券準備方法 個人で準備
履修登録を始めた時期 12月
履修登録方法 留学生のカリキュラムは固定されているので登録の必要はなし
入寮申込みを始めた時期 10月
入寮申込み方法 語科の担当の先生に伝える
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 学校指定のものに加入
予防接種を受けた時期 10月
予防接種の種類 奨励されているもの全て
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
12月
前期授業開始
3月
期末テスト・長期休暇開始
6月
後期授業開始
8月
期末テスト・授業終了
留学生科目
科目名 ビルマ語トレーニング
使用言語 ビルマ語
科目名 ミャンマー文化
使用言語 ビルマ語
科目名 ミャンマー概説
使用言語 ビルマ語
科目名 ビルマ語ライティング
使用言語 ビルマ語
科目名 ビルマ語スピーキング
使用言語 ビルマ語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 文化人類学
使用言語 ビルマ語・英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
アパート
家賃 寮:200ドル+食事代1日1500チャット
支払い方法 大学で支払い
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) なし
門限 あり
食事 朝食・夕食あり
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 約3km
大学までの所要時間 20-30分程度
応募方法 語科の担当の先生に連絡
近隣施設 スーパー
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
ベッド(部屋)
シャワー(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 野犬
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 店やメニューのバリエーションが豊富。
図書館の評価
図書館についてのコメント 留学生は閲覧のみで本を借りられない。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 留学生は学内のwifiを使用できない。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 特に利用しなかった。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 先生方が親切なので伝えればだいたい何でも対応してもらえる。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) カフェに行って勉強や読書、その他自分のやりたいことをしていた。
涼季には体育館でヤンゴン大学の学生たちとバスケットボールをしていた。
Weekend(休日の過ごし方) 友人と食事をしたり、読書をしたりしていた。
おすすめスポット・旅行先など
目標
ビルマ語の上達
その成果1
ミャンマーの文化の理解
その成果2
卒業論文のリサーチ
その成果3
今後の課題
ビルマ語のレベルを引き上げたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
キャッシング機能つきのクレジットカードを紛失して生活費の確保に支障が出たが、予備で準備していた現金で乗り越えた。
書籍が手に入らないので研究や勉強に必要な書籍をよく準備して持っていくとよかった。

帰国後

進路予定
未定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
手続き(特にビザ関連)でトラブルがよく発生しますが、基本的になんとかなるので心配は必要ありません。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.