基本情報

国名 韓  国
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ソウル大学校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 朝鮮語
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部 人文学部 国語国文学科
留専攻
留学期間
開始 2019-02-15
終了 2019-07-13

留学前

留学の目的 ・韓国語能力の向上
・韓国の方言についての授業をとり、韓国の方言を知る
・周囲の志の高い学生から刺激を受ける
・ボランティアなど日本では経験してこなかったことをやってみる

求められた語学力
英語TOEFL
英語 (SNU buddyに加入するなら)意思疎通ができる程度
その他 朝鮮語
レベル 朝鮮語の授業をすべて聞き取れなくても内容は理解できるレベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
HP
その他 外大・ソウル大の留学生課から送られてくるメール
参考になるHP Twitter(TUFS→ソウル大交換留学記 @SNUexchangeTUFS)
留学準備
ビザ申請を始めた時期 12月
ビザ申請方法 日本の領事館にて
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 インターネット
履修登録を始めた時期 1月
履修登録方法 大学の履修登録サイト
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 (前年6月)インターネット、先輩
保険に加入した時期
保険加入方法 大学の指示に従う
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法 留学のため特別に強化をしたわけではないが、外大での授業や日々のリスニングが役に立ったと思う
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容 交換留学前に1学期間、ソウル大の語学堂に休学留学した

留学中

学年暦
1月
履修登録(トビタくん留学日記を執筆したので参考にしてください)
2月
前年9月からソウル大の語学堂に通っていて部屋を契約したままだったので、一時帰国後早めに入国した
3月
学期はじまり
4月
中間試験
6月
期末試験
7月
TOPIKを受けてから帰国
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 韓国の漢字と漢字語(한국의 한자와 한자어)
使用言語 韓国語
科目名 二重言語使用(이중언어사용 Bilingualism)
使用言語 韓国語、教科書は英語
科目名 芸術の価値と批評(예술의 가치와 비평)
使用言語 韓国語
科目名 (聴講)韓国社会言語学研究(한국사회언어학연구)
使用言語 韓国語
科目名
使用言語
居住環境
家賃 コシテル 月50万ウォン
支払い方法 管理人さんに手渡し
部屋人数(人部屋) 一人部屋
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 自炊(炊かれた米、キムチ、袋麺、調味料は常備されている)
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 約1キロ
大学までの所要時間 徒歩15分~30分(教室による)
応募方法 当時留学中・居住中の先輩を通じて予約
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) バス停・駅、シャロスキル(おしゃれなレストラン、カフェなど多数)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 テレビ(部屋)ゴミ箱(共有)郵便物置き場(共有)
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 危険な目に合ったことはないが、防犯ブザーを携帯する、変質者がついてきていないか確認する、など常に注意していた。度々宗教の勧誘にあった。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 食堂の数が多いので食堂巡りが楽しい。ビュッフェスタイルの食堂やおしゃれなカフェもある。
図書館の評価
図書館についてのコメント 新館の6階でDVDが鑑賞できる。映画の3D上映会も時々ある。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント Wi-Fiが通っている場所が多い
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 교보문고の会員になれば本の割引がある
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 電話やオフィスを直接訪れて質問したが、やさしく対応してくれた
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント さすが韓国ナンバーワンの大学だと感じた
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・図書館の自習室で課題
・ソウル大のチュータリング制度に申し込み、課題を手伝ってもらう
・ISF(韓国語を教えてくれるサークル)で会話練習
・SNU buddyのイベントに参加
・日本語を勉強している友達と言語交換
・友達とごはんを食べに行く
Weekend(休日の過ごし方) ・友達と出かける
・ボランティアサークル、料理サークルに参加
・韓国の歴史をまなぶ団体(みんなでいってみよう会)に参加
・韓国国内を旅行する
おすすめスポット・旅行先など
おすすめスポット:
入れ替わりが早いので現地の人にきくのが良いと思います。
日本の食べログのようなサイト→MangoPlate

旅行先:
済州島、大邱・慶州、光州など。光州は、光州事件のあった5月18日に合わせて旅行した。
日帰りでは仁川、春川、水原、DMZも行った。
目標
韓国語能力の向上
その成果1
方言についての授業をとり、韓国の方言を知る
その成果2
日本では経験してこなかったことをやってみる
その成果3
今後の課題
・韓国語能力を衰えさせないこと
・留学中にできた友達を大切にすること
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・語学堂に留学しながら派遣留学の手続きを進めたので、手元にない書類を提出する必要に迫られたときが一度あった
・SNU buddyで話される英語のスピードが速かった
・中国人の友達ができたが、自身が教養外国語で習った内容をもっと覚えていれば、中国語でも会話できたのに...と思った

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 未定
後輩へのアドバイス
留学中は今やらないと後悔すると思って色々なことに挑戦しました。例えば、グループワークのある授業をとることが最初は不安でしたが、それを通して友達ができました。後輩のみなさんも悔いのないように留学を楽しんでください。

・サークルについて
学期初めの동소제で知ることができますが、동소제には参加していないサークルも多数あります。私の場合、料理サークルはソウル大生を通じて知りFacebookのページで情報を得ました。
・上で述べた韓国の歴史をまなぶ団体(みんなで行ってみよう会)は私と同時期にソウル大に留学していた友人が創立した団体で、韓国での歴史観に触れたい人におすすめです。詳しくは→ https://pf.kakao.com/_HZxfxkj
・一日一日を忘れないように日記を書きました。ライティングの練習にもなって良かったです。

ここに書ききれないソウル大情報は、先輩から受け継いだTwitter(TUFS→ソウル大交換留学記 @SNUexchangeTUFS)に投稿しました。参考にしてみてください。(今後も引き継いでもらえると嬉しいです)
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.