基本情報

国名 タ  イ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 チュラーロンコーン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 タイ語
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部 経済学部
留専攻
留学期間
開始 2019-08-13
終了 2019-12-20

留学前

留学の目的 ・タイ語能力の向上(主にスピーキング、リスニング)
・タイの文化や社会を現地で体感する
・ゼミでの研究に生かすため
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 インターネットでフォームを入力し、在日本タイ大使館にて申請
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 トラベルコ、スカイスキャナーで検索
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 留学先大学の学務情報システム
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 7月
住居探し方法 タイ人の友人とともに現地で検索、フロントで交渉
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 学研災
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 春学期のテスト勉強を留学を意識して行った
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
セメスター開始、授業、留学生向けの宿泊イベント
9月
授業
10月
上旬に中間テスト(授業により中間テストがないものもある)
11月
授業
12月
上旬に期末テスト、とっている授業によるが概ね2週目~3週目でセメスター終了
留学生科目
科目名 Agricultural Economics
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Introduction to Thai Economy
使用言語 タイ語
科目名 Principles of international business management
使用言語 タイ語、英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 18000B
支払い方法 月初に前月分の家賃・光熱費・通信費を銀行口座に振り込み
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 大学があるBTSサイアム駅まで9駅+サイアム駅から大学内循環バス
大学までの所要時間 約1時間
応募方法 自力で検索、交渉
近隣施設 コンビニ
銀行
スーパー
郵便局
その他の近隣施設) ショッピングモール、映画館、カフェ、レストラン
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 シンク
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 学部によりメニューは全く異なるが、経済学部はごく普通であった。一食60~80B程度。
図書館の評価
図書館についてのコメント 学部棟から総合図書館へはアクセスが悪く数回しか使用しなかったものの、蔵書数が多く静かで良い環境であった。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント オリエンテーションで配布されたWi-Fiが使用できず、結局自分のスマートフォンをデザリングしてPCを利用していた。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 大学生協と同じ。軽食をその場で作ってくれるところもあり、快適に使用できた。在学生はiPadを割引価格で購入できる。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 授業の履修に関して非常に手間取ったが、想像していたよりも親身になってくれた。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント キャンパス内は非常に活気があり、優秀な現地学生らとともに毎日充実した生活を送ることができた。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・大学周辺はバンコクで最も栄えているので、全く飽きなかった。友人らと学校帰りにショッピングやカフェに行った。
・おしゃれなカフェで勉強
・インターンシップ
Weekend(休日の過ごし方) ・カフェで勉強
・ショッピング
・タイの地方、周辺国旅行
・日本から来た友人らのアテンド
おすすめスポット・旅行先など
・ウドンターニー県。早朝にしか見られない蓮の花が非常に綺麗であった。名物のひよこボートは乗る価値あり。
・ウボンラーチャターニー県。SRTの寝台列車に乗るために行った。
・ホアヒン
・カオサン
・Train Night Market(バンコク)
観光客がほとんどいないナイトマーケット。コンセプトが明確かつ金額も良心的で快適だった。
・チャイナタウン
バンコクで手軽に美味しいものを食べたいならここが一番だと思う。
目標
スピーキング力の向上
その成果1
リスニング力の向上
その成果2
辛くても毎日楽しむ
その成果3
今後の課題
・タイ語を積極的に使用して維持できるようにする。
・友人らとの交流を絶やさないようにする。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・体調を崩し計7回病院に行った。保険が非常にありがたかった。
・ベッドが硬くて留学中あまりよく眠れず、体調は万全ではなかったので日本から持っていくべきだと感じた。
・言語面で言うととにかく語彙と文法(例文等で覚えておくとよい)をもっと蓄えてからいくべきだと痛感した。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 外コン、外資IT
後輩へのアドバイス
半年という前例のない留学であり、日々が手探りでした。
書いていないことがまだまだ沢山あるので、気になる点があれば気軽に質問してください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.