基本情報

国名 ベトナム
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ハノイ国家大学・人文社会科学大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ベトナム語
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部 ベトナム学ベトナム語学科
留専攻 ベトナム学ベトナム語学科
留学期間
開始 2019-02-07
終了 2020-02-12

留学前

留学の目的 自身のベトナム語力を向上させ、将来の自分の選択肢を広げるために留学しました。また卒業後にベトナムで働らきたいと考えていたので実際にベトナムで一年間ほど生活し、外大OBOGの方々やその他駐在員の方々と交流することで、将来ベトナムで働くイメージをより固めることも目的としていました。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 12月
ビザ申請方法 先生に頼んで留学先大学を通して入国、入学許可書を貰い、大使館に行きビザの申請をした。
航空券を準備した時期 12月
航空券準備方法 一緒に留学に行く同期と一緒にとった
履修登録を始めた時期
履修登録方法
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 12月
住居探し方法 ハノイで留学中の先輩に色々きいた
保険に加入した時期 12月
保険加入方法 大学を通して加入
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 A型B型肝炎混合、狂犬病、腸チフス
語学強化を始めた時期 12月
語学強化方法 初級の参考書を購入し基礎の復習
その他の準備を始めた時期 12月
その他の準備内容 留学中必要な日用品の購入、歯科など

留学中

学年暦
2月
2月下旬から授業開始
3月
ボランティアやサークルに行き始める、日本語教師のバイト開始
4月
前学期中間試験、インターン開始(4月下旬~7月中旬まで週三回程)
5月
ベトナム古楽器(đàn tranḥ)を習い始める
6月
前学期期末試験、日本語家庭教師のバイトを一か月
9月
シンガポールキャリアフォーラム
10月
授業再開
11月
後半学期中間試験
1月
後半学期期末試験
2月
12日夜に帰国
留学生科目
科目名 ベトナム語学ベトナム語
使用言語 ベトナム語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ホームステイ
家賃 月220$(最終日に電気代をまとめて支払う)
支払い方法 現金で大家さんに手渡し
部屋人数(人部屋) 1人部屋
家族・同居人(人) 留学前半は外大の先輩、同期の友達、大家さん/留学後半は大家さん
門限 あり
食事 ほとんど外食、たまに自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 約400メートル
大学までの所要時間 約5分
応募方法 先輩を通しての紹介
近隣施設 コンビニ
銀行
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 荷物をおきっぱにしておくと盗られる
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 飲み物とバインミーしかない
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント Wi-Fiが弱い
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 飲み物とバインミーしかない
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント ゆっくり目なので頼み事をするときはかなり余裕をもってして、たびたびメールなどで進捗状況を確認する方が良い
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 悪くはない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) バイト、インターン、サークルがない日はカフェ巡りをしてそこで授業の予習復習をしていた。
Weekend(休日の過ごし方) 友達と遊んだり、ごみ拾いのボランティアに参加したり、カフェに行って勉強していた。長期休暇中はよく旅行をした。
おすすめスポット・旅行先など
ホアンキエム湖周辺やタイ湖周辺のカフェ
旅行は、ベトナム各地、中国、ラオス、タイ、カンボジア、シンガポール、イタリアに行った
目標
ベトナム語能力の向上
その成果1
ベトナムで働いてみて将来ベトナムで働くイメージをつかむ
その成果2
新しい事に挑戦する
その成果3
今後の課題
今後も大学での講義を受けながら、より専門的で難易度の高い文章を読めるように、そしてニュースなどの外国人への配慮がない速さのベトナム語を一度聴いただけで詳細まで理解できるようになれるよう、ベトナム語の勉強を続けるつもりです。また、ベトナム語を活用できる職場で働けるかわかりませんが、大学卒業後もベトナム語の向上に努めたいと思います。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
もともとリスニングが苦手だった私は留学開始時、大家さんや先生方が何を言っているのか聞き取るのにかなり苦労し、周りのクラスメートにすごく助けられました。留学前からリスニング教材を聴いたりベトナム人と電話をしたりリスニングの練習はしていましたが、まだまだ努力が足りなかったのだなと思い知らされました。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 目指す業界は、メーカー、商社
後輩へのアドバイス
ベトナムでの交換留学では授業が午前中だけです。もちろん家などで授業の復習予習することも大切ですが、せっかくの留学中、日本ではない異国に滞在していて、また海外留学生という自由な立場であるその時間を有効活用するためにも、現地で興味を持ったこと、やってみたいことに果敢に挑戦してみることをおすすめします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.