基本情報

国名 タ  イ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 チュラーロンコーン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 タイ語
学年 3
留学時学年を選択 4
留学先
学部 文学部
留専攻 タイ語専攻
留学期間
開始 2019-08-03
終了 2020-03-25

留学前

留学の目的 私が、現地の大学で学ぶことの優位性として、最も活かしていきたいと考えていたのは、当然ながら、タイで、タイ語を使って学ぶということです。タイ語能力の向上につながることは言うまでもなく、自身の興味のある学問分野をタイ社会の文脈の中で集中的に学べることに、大きな魅力を感じていました。また、レベルの高い環境の中に身を置き、現地の優秀な友人から刺激を受け、学ぶことを非常に期待していました。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 目黒の大使館にて申請しました。
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法
履修登録を始めた時期 3月
履修登録方法 オンライン
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 8月
住居探し方法 タイに入国したその日に探しました。
保険に加入した時期 6月
保険加入方法
予防接種を受けた時期 6月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
前学期授業開始
10月
前期中間テスト
12月
前期期末テスト
1月
後期授業開始
3月
後期中間テスト・帰国後オンライン授業
4月
後期期末テスト(オンライン)
留学生科目
科目名 สถาปัตยกรรมเชิงโบราณคดี Archaeological Architecture
使用言語 タイ語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名 การใช้ภาษาไทย The Use of Thai Language
使用言語 タイ語
科目名 ภาษากับวัฒนธรรม Language and Culture
使用言語 タイ語
科目名 ปริทัศน์ศิลปะและโบราณวัตถุสถานในประเทศไทย Survey of Artifacts and Archaeological Sites in Thailand
使用言語 タイ語
科目名 ลักษณะภาษาไทย Characteristics of Thai Language
使用言語 タイ語
科目名 ปริทัศน์วัฒนธรรมญี่ปุ่น Introduction to Japanese Culture
使用言語 タイ語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 7,500バーツ
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1
門限 なし
食事 近所の屋台やコンビニ
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 最寄りのBTS駅まで約10分、そこから大学最寄りまで4駅
大学までの所要時間 約40分
応募方法 直接
近隣施設 コンビニ
病院
薬局
その他の近隣施設) 広い公園
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 TV
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 文学部は工学部とも近く、どちらも学内でトップを争うおいしさらしいです。
図書館の評価
図書館についてのコメント 中央図書館は少し離れています。文学部の自習室は快適なので、主にそちらを利用していました。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 学内のインターネット環境はよかったです。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント アドバイザーの先生がよく気にかけてくださいました。その他、授業を担当してくださった先生方も非常に親切で、留学生ということを理解したうえで相談にも乗ってくださいました。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友人とどこかで夕食(もしくはスイーツ)を食べて帰ることもあれば、学校で夕食を済ませ、残って課題などをすることもありました。早く帰った日には、家事をしていました。
Weekend(休日の過ごし方) ほとんど友人に会っていました。ひとりでいるときは家でゴロゴロしていました。
おすすめスポット・旅行先など
目標
タイ語能力向上
その成果1
興味ある学問分野の発見
その成果2
タイ人からの刺激
その成果3
今後の課題
留学を終え、卒業後もタイ語を活かしていきたいと考えるようになりました。そのため、仕事のなかで使えるタイ語を磨いていきたいと思います。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
虫が苦手な人はときに辛い思いをするかと思いますが、何事も慣れだなあと思いました。友人や近所の人と仲良くなって対処してもらいました。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
チュラーロンコーン大学はすばらしい留学環境だと思います。
迷っているのなら、ぜひ挑戦してみてほしいです。

学部大学院科目に記入できなかったその他の授業は以下の通りです。(すべてタイ語の授業です)
・วรรณคดีไทย Thai literature
・การเขียนภาษาไทยเพื่อวิชาอาชีพ Thai Professional Writing
・วรรณคดีกับสตรี Literature and Woman
・การแปล ไทย-ญี่ปุ่น Translation: Thai - Japanese translation
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.