基本情報

国名 アメリカ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 サンディエゴ州立大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 英語(北アメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 Journalism and Media Studies
留専攻
留学期間
開始 2019-08-21
終了 2020-05-14

留学前

留学の目的 本学では授業の限られている広告や異文化コミュニケーションについて専門的に学ぶため。
異文化の中で生活するため。
求められた語学力
英語TOEFL 800点以上
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 オンライン
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 オンライン
履修登録を始めた時期 4月
履修登録方法 オンライン
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 オンライン
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 オンライン
予防接種を受けた時期 9月
予防接種の種類 Meningococcal conjugate, Meningococcal B, Tdap
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
オリエンテーションや引越し、学校のイベントや新歓でとにかく忙しかったです。友達を作るいいチャンスなので、できるだけたくさん行くといいかもしれません。
9月
授業が本格的に始まったので平日は勉強を頑張りつつ、休日は友達と思いっきり遊びました。
10月
自分なりの生活スタイルが確立してきて余裕が出てきます。できるだけ外に出て色んな場所に行くようにしました。
11月
所属していたサークルのイベントに積極的に参加しました。
12月
期末試験、冬休み開始
1月
冬休み(現地の友達の実家に遊びに行ったりヨーロッパに旅行に行ったりしました。)
2月
勉強を頑張りつつも色んな所に遊びに出かけました。毎日が本当にあっという間でした。
3月
中旬からコロナウイルスの影響で全てオンラインでの授業に変更されました。
4月
コロナウイルス拡大をうけ、日本に帰国し日本でオンライン授業を受けました。
5月
引き続きオンライン授業を受講しました。
留学生科目
科目名 English Composition for International Students and English Learners
使用言語 English
科目名 Special Study JAPAN499
使用言語 日本語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Intercultural Communication COM371
使用言語 English
科目名 Language and Advertising LING352
使用言語 English
科目名 Advertising Strategy and Social Media JMS462
使用言語 English
科目名 International Cinema TFM363
使用言語 English
科目名 Ballet Ⅰ DANCE221
使用言語 English
居住環境
居住環境 アパート
ルームシェア
家賃 $836 (電気代を入れると$870くらい)
支払い方法 アパートのwebサイトにてクレジットカード決済
部屋人数(人部屋) 2人部屋
家族・同居人(人) 4人
門限 なし
食事 基本的に各自
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 約2kmくらい
大学までの所要時間 シャトルバスで5分程度。徒歩だと30分程。
応募方法 アパートのwebページで応募。ルームメイトはFacebookのグループで募集しました。
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) カフェ、ガソリンスタンドなど。徒歩圏内にスーパー2つ、薬局2つあるので生活に困ることはないと思います。
住居にあった設備 机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 部屋に机はついていますが、椅子はついていません。アパート全体の設備として、ジムやプール、スタディールームがついています。
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 基本的に夜は安全とは言えません。学校周辺の通りで事件が起きたこともありました。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 色んなジャンルのお店が入っています。一食10ドルくらい。
図書館の評価
図書館についてのコメント とても大きくて勉強スペースがたくさんあります。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント たまに学校のWi-Fiの接続が悪い時がありますが、困ることはないです。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 学校のグッズや服、アクセサリーなどたくさん売られています。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 留学生へのサポート体制はしっかりしています。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 大学主催のイベントがたくさんあるので、授業以外でも大学を楽しむ場が多くていいと思います。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 平日はとにかく勉強・課題に専念しました。授業が終わったあとは図書館で勉強してアパートのジムに行くか、サークルに行くことが多かったです。時間がある日は友達とご飯を食べに行っていました。
Weekend(休日の過ごし方) 平日勉強を頑張るぶん、休日は思いっきり友達と遊びました。ほとんどの週末はビーチやカフェで過ごしていました。サンディエゴは訪れるべき素敵な場所がたくさんあるので、友達と毎週どこに行こうかと考えるのが楽しみでした。時間のある週末はLAに行くこともありました。San Diegoからバスで片道10ドル前後で行けるので、比較的行きやすいです。車だと3時間弱で着きます。
おすすめスポット・旅行先など
Pacific Beach, Mission Beach, La Jolla, Seaport Village, Little Italy, Convoy, Old Town, Gaslamp Quarter, LA
目標
世界各地からの学生と積極的に触れ合い、異文化に対する理解を深める
その成果1
興味のある専門分野に関して学びを深める
その成果2
英語能力の向上
その成果3
今後の課題
培った言語能力をキープすること。
留学先で学んだこと・経験したことを日常生活や就職活動で積極的にいかしていくこと。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
私の行った年度から方針が変わって、留学生は全員指定の予防接種をうけなくてはならないことになりました。私は日本ではうたずに現地でうけたのですが、留学先で入った保険が適用されて全て無料でうけることができました。日本でうけてから行った方が安心かもしれませんが、かなり高額な注射もあるため要注意です。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
私は一年生の時にショートビジットでサンディエゴを訪れて以来、絶対にサンディエゴへ留学したいと思い続けて、派遣留学するため一生懸命勉強したことを今でも覚えています。それほど本当に素敵な場所で、気候が温暖で人々もとても温かく、毎日晴れやかな気持ちで過ごせます。もし留学する上で天気が重要という人は、晴天の日が本当に多いサンディエゴ、かなりオススメです。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.