基本情報

国名 ロシア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語(ロシア)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 アジアアフリカ研究所(但し通うのは留学生のロシア言語文化研究所)
留専攻
留学期間
開始 2019-09-01
終了 2020-06-30

留学前

留学の目的 1ロシア語運用能力の向上 2現地経験を通して社会への理解を深める 3インターンシップへの参加
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 ロシア語
レベル 専攻2年-3年次程度
情報収集方法
友人
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 必要書類を留学先に提出後、送られてくる招待状を持ってビザセンターへ
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 自分で、航空券予約
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 ロシア語はクラス分けテストで振り分けられる。セミナーはレベル別に選択肢から選び出席する
入寮申込みを始めた時期 8月
入寮申込み方法 到着前に確認メールを送る。到着後、寮B棟1階のオフィスでビザやパスポートを提示。同じフロアに寮費支払いや入館証作成の部屋がある。
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 外大で案内される東京海上日動
予防接種を受けた時期 8月
予防接種の種類 B型肝炎や狂犬病など地域的に推奨されるものは一応接種したが高額なので人それぞれ。受けていない人もいた。
語学強化を始めた時期
語学強化方法 授業の予習復習。日常で使うであろうフレーズを暗記。
その他の準備を始めた時期 6月
その他の準備内容 パスポートの有効期限更新、エイズと結核の診断書

留学中

学年暦
9月
到着、入寮。留学契約を結んでいるアジアアフリカ学部の留学生課で手続きをし、数日後からロシア言語文化研究所(ИРЯиК)でクラス分けテスト。授業開始。
10月
シングルビザ(90日)をマルチビザ(10ヶ月,ロシア出入国制限なし)へ延長手続き。
11月
留学生用プログラムで一泊2日ウラジーミルとスーズダリへ
12月
マルチビザ受け取り、寮で追加の手続き。25日ごろから冬休み
1月
13日ごろから授業再開。新型コロナウイルス流行の兆し。
2月
メトロや路上でパスポートチェックや検温が始まる
3月
17日から全学オンライン授業へ移行。日本の外務省が全世界を感染症危険レベル2に引き上げ後、帰国要請と航空会社国際線運行停止の情報を受け28日緊急帰国。ロシアでは31日から外出制限開始。
4月
帰国後2週間外出自粛。その間もオンライン授業継続。
5月
オンライン授業
6月
授業終了。修了書と成績証明書を申請し、発行してもらう。
留学生科目
科目名 総合ロシア語
使用言語 ロシア語
科目名 TORFL(ТРКИ)2対策授業
使用言語 ロシア語
科目名 世界の中のロシア
使用言語 ロシア語
科目名 語彙と語法
使用言語 ロシア語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 入寮時に約12000ルーブル(10ヶ月分)一括支払い。数ヶ月後、料金改定により追加の3000ルーブル支払い。
支払い方法 寮内のオフィス
部屋人数(人部屋) 1人部屋。風呂トイレ共有で、2人で1ブロック。
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 自炊。食堂あり。昼はиряикの食堂。
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩と路面電車で35-45分。路面電車が工事で使えなかった時はバスを使い50分程度。
応募方法 大学間協定により案内される
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) メトロ駅、バス停。寮内には食堂、美容室、購買、修理屋、ランドリー、文具店、プール、警察など
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 シャワーカーテン、卓上ランプ、カゴ、殺虫剤 (部屋によって前の住人が残していった何か有用なものがある場合がある)
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 大学周辺の治安はいい。スリなど基本的に気をつけることはどこでも同じ。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 学内は無料wifiがあった。寮の部屋でwifiを使うにはルーターを自分で買い、別棟で手続きをする必要があったが快適
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 疑問や要求をしっかり主張できれば対応してもらえる。相談がしやすい。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 特有のルーズさやペースというものはあるが、主張することと待つことと確認することを大事にすれば順応できる。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の課題と予習復習/ 散策/ 大型スーパーで買い物/ 友達と過ごす/日露交流会/ ダンススクール等
Weekend(休日の過ごし方) ロシア語学習/インターンシップ作業や会議/日露交流会/友達とお喋りしたり映画を見たり/ 散策/ 休息 /ダンスチーム練習/大会等
おすすめスポット・旅行先など
黄金の環、ペテルブルク
モスクワではザリャージエの「メディア・センター」に3D映像でモスクワorロシア上空飛行を体感できる上映プログラムがあった。王道の観光スポットが網羅されていてわかりやすかった。
目標
ロシア語運用能力の向上
その成果1
現地経験による社会文化理解
その成果2
インターンシップ
その成果3
今後の課題
新型コロナウイルス流行のため、具体目標の一つであったロシア語検定試験が中止となった。留学中ロシア語能力は当然伸びたが、語学は継続が重要。今後も向上心を持って継続し、受験・合格を目指す。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
生活する中では様々なトラブルが起こる。寮は非常に古く、主に水回りトラブルが頻発した。また、保険がきく病院では英語が通じるが、警察は基本的にロシア語で話す。しかしどんな状況でも、まわりにサポートしてくれる環境があったので良かった。慌てていても状況説明できるようトラブル系の語彙を前もってメモしておくと心の余裕が違ってくると思う。
「蛇口が閉まらないКран не фиксирован」「詰まったзасорилась」「漏水しているподтекает」「シャワーヘッドлейка душа」「修理するпочинить」「電球が切れたЛампочка перегорела」「誰かに押されたКто-то меня толкнул」「こけたупала」「被害届заявление」「被害受理証明уведомление」「紛失盗難証明справка」など

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
行きたいと思う場所には行き、やりたいと思うことには躊躇わず挑戦することを強くオススメします。新型コロナウイルス流行によって図書館や美術館は早々に閉鎖されました。ロシア国内のみならず国外への旅行計画もつぶれ、悲しい思いをしました。暖かくなってからと言わず、行きたいと思った時に行けば良かった。
ロシアは、普段は時間にルーズなのに国全体を動かす決断が非常に早いです。国際線運行停止が発表されたのは、その前日くらいでした。(実際にはその後もパラパラとチャーター便が出て帰国できたのですが。)
フットワークの軽さはチャンスを掴む武器です。後悔しないためにも、非常時に臨機応変に対応するためにも、自分の気持ちに正直に動くことが大事だなとしみじみ思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.