基本情報

国名 韓  国
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 梨花女子大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 朝鮮語
学年 3
留学時学年を選択 3
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2019-08-29
終了 2019-12-20

留学前

留学の目的 地域研究コースのゼミのため、留学することで語学力の向上に加えて韓国の歴史や文化、習慣等に関する理解を深め、日韓の良好な関係構築のためには何が必要なのかを考察し、関係改善に貢献したいと考えていたから。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 とくになし
レベル
情報収集方法
友人
先輩
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 大使館
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 インターネット
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 インターネット
入寮申込みを始めた時期 4月
入寮申込み方法 インターネット
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 6月
保険加入方法 学校の保険
予防接種を受けた時期 8月
予防接種の種類 ツベルクリン
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 大学の授業をまじめに受ける
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
留学開始
10月
中間テスト
12月
期末テスト
留学生科目
科目名 韓国語
使用言語 韓国語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 女性学
使用言語 韓国語
科目名 international office administration
使用言語 英語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 月6万円ほど
支払い方法 入金
部屋人数(人部屋) 一人
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 なし
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 大学内
大学までの所要時間 0分
応募方法 留学申請時に同時に申請
近隣施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 観光客が多い
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 高くてあまり使わなかった
図書館の評価
図書館についてのコメント 韓国人の学生でいっぱい
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 特に問題なし
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 充実している
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 最初に韓国語の履修登録が出来ずにいたとき困った
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 学校自体は魅力的
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達とご飯を食べに行ったり、共有のキッチンで料理をしたり散歩していた。水曜日はサークルに参加していた。
Weekend(休日の過ごし方) 友達とおでかけ、課題
おすすめスポット・旅行先など
梨大周辺自体が観光スポットになっていて、おいしいお店が多い。
目標
韓国語でのコミュニケーション能力向上
その成果1
友達をつくる
その成果2
英語を頑張る
その成果3
今後の課題
英語で会話できるようになる、留学で得た経験をこれからの生活に生かしていく。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
思っていたよりも英語圏からの留学生が多く、留学生と韓国人で交流する際も英語でコミュニケーションをとることも多く、苦労した。英語をもう少しやっておけばよかったと思った。

帰国後

進路予定
進学(国内)
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
韓国にいこうと決めて大学は雰囲気で決めたのですが、梨花女子大学を選んでよかったと心から思っています。周りの環境も整っていてすごしやすいです。梨大自体が観光地になっていてお店もたくさんあります。
授業面では、語学堂ではなく、学部の授業で留学生用の韓国語の授業が用意されていることも特徴的だと思います。ただ、韓国の大学は履修登録が先着順で、最初履修登録できず焦りました。私は履修登録が早いもの勝ちなこととシャワーが簡易的すぎたことに苦労しましたが、それ以外は本当に充実した期間になりました。
本来予定していたよりも短い期間ではありましたが、自分的にはとても満足しており、そのくらいぎゅっと詰まった4か月を過ごせたと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.