基本情報

国名 ブラジル
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 パラナー連邦大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ポルトガル語(西南ヨーロッパ)、ポルトガル語(ラテンアメリカ)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 文学部
留専攻
留学期間
開始 2013-03-13
終了 2014-03-09

留学前

留学の目的 異国に身を置き、その国の文化を肌で感じること
もともとブラジルに興味をもっていたので、いっそのこと長期間滞在して深く知りたいと考えたため
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP REI Curitiba
留学準備
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 代理店(ツニブラ)に依頼
航空券を準備した時期 2月
航空券準備方法 ビザと合わせて代理店に依頼
履修登録を始めた時期 4月
履修登録方法 ARI(Assessoria de Relações Internacionais)で案内を受ける
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 1月
住居探し方法 REI Curitibaのサイト(moradia)を通じて賃貸人と連絡を取った
保険に加入した時期 3月
保険加入方法 AIU
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 黄熱病、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病(いずれも必須ではなく、ブラジルでも接種可能)
語学強化を始めた時期
語学強化方法 podcast等を利用しリスニング力の強化、語彙数を増やす
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
3月
大学と語学学校(大学付属、無料)が始まるまで現地での生活に慣れる
4月
大学、語学学校の授業始まる
6月
大学講義の中間試験
7月
月末に期末試験
8月
長期休暇(前年のストライキの影響で例年より短い)、国内旅行
9月
後期開始
10月
中旬に中間試験
12月
中旬に期末試験
1月
南米旅行開始 ブラジル国内、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンを回る
3月
帰国
留学生科目
科目名 外国人向けポルトガル語講座
使用言語 ポルトガル語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 20世紀ブラジル文学
使用言語 ポルトガル語
科目名 文学と大衆音楽
使用言語 ポルトガル語
科目名 翻訳の理論と実践(日本語ポルトガル語間)
使用言語 ポルトガル語
科目名 言語学入門
使用言語 ポルトガル語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 ルームシェア
ホームステイ
家賃 3~4万円/月
支払い方法 振込
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1~2
門限 なし
食事 自炊、大学の食堂(一食60円ほど)
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩5分ほど
応募方法 REI Curitiba、友人(現地のブラジル人友達)からの紹介
近隣施設 銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設) ファーストフード店、24時間営業のパン屋
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
洗面台(共有)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 クリチバはブラジル国内では治安がいい方だが、夜の外出には気を付けた方が良い
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント とにかく安い。味は、、、庶民的。
図書館の評価
図書館についてのコメント 静かで使いやすい。文献もそれなりにある。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント wifiが利用できる
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 生絞りのオレンジジュースを頂きましょう
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント ARIは留学生に対して親切に面倒をみてくれる
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 午前と夜に大学の授業、昼間は付属の語学学校にて授業、
授業がない時間は友達と談笑等
Weekend(休日の過ごし方) サッカー、フットサル、パーティー、シュハスコ、公園でのんびり
おすすめスポット・旅行先など
旅行先では、リオ、サルヴァドール、フロリアーノポリスが個人的に気に入った。近場ではパラナグア、イーリャ・ド・メウが良い
クリチバではバリグイ公園、植物園がおすすめ
目標
異国の文化を肌で感じる
その成果1
留学を通じてあらたな価値観を得る
その成果2
その成果3
今後の課題
今までになかった経験を通じて、新たな価値観を手にいれることができたので、これからはもっと多くのことに毛嫌いせずにトライする
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
留学の目的が異文化理解や異なる環境での経験であれば、派遣留学以外にも魅力的な選択肢があったのではないかと後悔。自分の目的とそれを達成するための最良の手段をもっと深く考えたり調べたりすべきだった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 未定
後輩へのアドバイス
失うことを恐れて挑戦しないと結果的にはもっと多くのことを失います。自分で限界を作らず、トライしてください。人間やれば意外とできます。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.