基本情報

国名 スロヴェニア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 リュブリャーナ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 チェコ語
学年 5
留学時学年を選択 4
留学先
学部 文学部
留専攻 スラヴ学
留学期間
開始 2013-10-01
終了 2014-07-31

留学前

留学の目的 スロヴェニアの文化や歴史、また人々に触れ、学ぶこと。
スロヴェニア語の習得。
求められた語学力
英語TOEFL
英語 日常会話程度
その他
レベル
情報収集方法
友人
先輩
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 大使館に必要書類を問い合わせ、提出
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 インターネット
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 現地の先生を通して。現地でも修正可能。
入寮申込みを始めた時期 6月
入寮申込み方法 スロヴェニア政府奨学金に含まれていた
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 インターネット
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 9月
語学強化方法 あいさつ程度しか覚えていかなかった。
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
現地入り。数日ホステル暮らし。
10月
入寮。各手続に走り回る。
2月
テスト期間、冬学期終了。
3月
夏学期開始
6月
テスト期間、夏学期終了
7月
語学学校終了
8月
旅行
9月
帰国
留学生科目
科目名 スロヴェニア語入門
使用言語 スロヴェニア語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 チェコ文学概論
使用言語 スロヴェニア語、チェコ語
科目名 中央ヨーロッパの歴史 19~20世紀
使用言語 スロヴェニア語
科目名 スロヴェニアの現代史
使用言語 スロヴェニア語
科目名 スポーツ(乗馬)
使用言語 スロヴェニア語、英語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃
支払い方法 (奨学金に含まれている)
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 食堂あり
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩15分
応募方法
近隣施設 スーパー
その他の近隣施設) 公園
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 安くて量が多い。
図書館の評価
図書館についてのコメント 静か。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 寮には有線のみ。大学はWiFiあり。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 小さい。品数少ない
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント あまりサポートが良くない。自分からなんでも聞くべし。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント とくに問題はないが、自習スペースが少ない。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達と会ってスロヴェニア語の練習。
語学学校。
Weekend(休日の過ごし方) 周辺国へ旅行。
国内旅行。
街中を散歩したり。
おすすめスポット・旅行先など
スロヴェニア国内:すべておすすめ。どこにいっても素朴な村や町があり、自然が好きな人は山や丘のぼり、川下りなどもおすすめ。
クロアチアとイタリアには3回ほど旅行しました。
その他、オーストリア、ハンガリー、ドイツ、スロバキア、イギリス、アイルランドなどなど。
(格安の飛行機はだいたいイタリアから飛ぶことが多い。)

目標
スロヴェニア語
その成果1
異文化交流
その成果2
楽しむ
その成果3
今後の課題
スロヴェニア語スキルを伸ばすこと
スロー日の懸け橋になりたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
卒論にかかわるものを具体的にどれくらい準備するか、書き上げるか、もう少し明確に目標を決めるべきだった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
とてもいい国です。小さくて素朴な雰囲気が好きなかたにはおすすめします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.