基本情報

国名 ロシア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語(ロシア)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 アジア・アフリカ研究所(但し通うのは留学生のロシア語研修所(ロシア語・ロシア文化研究所))
留専攻
留学期間
開始 2013-09-09
終了 2014-06-30

留学前

留学の目的 ロシア語の運用能力を総合的に向上させること。ロシアで生活することで、語学だけでなくロシアの雰囲気・文化・現地の人々・気候・環境などにじかに触れ、理解を深めること。自分にとっての世界を広げること。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル 専攻2年次修了程度のロシア語運用能力
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 担当教員を介して、必要書類を留学先に提出。
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 インターネットの航空券予約サイトで。
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 クラス分けテスト受験後に指定された留学生向け授業から選択。
入寮申込みを始めた時期 9月
入寮申込み方法 到着後すぐ。日本語が分かる学生が指導してくれた。大学内の所定の部署でビザ、在学証(留学許可証)等を提示して、寮費を支払う。
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 保険会社(AIU)から資料を取り寄せ、加入申請書類を郵送。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 予防接種は受けなかったが、結核とエイズの検査を受け、診断書を提出した。
語学強化を始めた時期
語学強化方法 留学のための語学強化は特にしなかったが、出発前(3年前期)はロシア語の授業を3コマ取った。
その他の準備を始めた時期 3月
その他の準備内容 自動車運転免許の有効期限内更新、パスポートの有効期限内更新、健康診断(結核とエイズの診断書発行)。

留学中

学年暦
9月
ロシア入国(9月9日)の翌日に所属先(ИСАА)、寮などで手続き。入国2日後にロシア語研修所(ЦМО,現ИРЯиК)でクラス分けテストを受け、翌日から授業開始。
11月
ビザの期限を90日から10か月に延長し、マルチタイプ(ロシアへの出入国回数制限なし)へ移行。それに伴い寮で再び手続き。公共交通機関で使える割引料金での定期券発行。
12月
冬休み前にテスト。25日頃から冬休み。
1月
年末から国外旅行。10日くらいから授業開始。
5月
初旬に連休。極東などへ旅行。
6月
10日頃で授業終了。夏休み。帰国前旅行。ビザの期限ぎりぎりに日本に帰国。
留学生科目
科目名 ロシア語(通年。週3日、1日4時間)
使用言語 ロシア語
科目名 語彙と慣用表現(半期。週1日)
使用言語 ロシア語
科目名 ロシア語試験対策講座(半期×2期。週1日)
使用言語 ロシア語
科目名 ロシア文化(半期。週1日)
使用言語 ロシア語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 10か月一括6,111ルーブル。
支払い方法 大学内の寮関連の部署で支払う。
部屋人数(人部屋) 1人部屋。シャワーとトイレは2人で共用。
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 朝、夕は自炊。昼は食堂。
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 4km程度。
大学までの所要時間 徒歩と路面電車で45分。または徒歩1時間強。
応募方法 大学間協定により支給される。
近隣施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) 地下鉄駅。バス停。雀が丘(モスクワ中心方面へ見晴らしのいい展望台)。
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 卓上ランプ。延長コード。ハンガー。(部屋による)
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 大学周辺の治安は良い。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 値段は手頃、味は許容範囲内。研修所よりも大学本部内の食堂の方が良い。
図書館の評価
図書館についてのコメント 使わなかった。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 無料で使えた。一時的に使えなくなることがたまにあった。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 数か所あるが、どれも小規模。ほとんど使わなかった。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 授業の登録、試験の受け方や、ビザ関連で困ったときに相談しやすい。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント 建物が古くて小汚いが、基本的に人が親切で治安もよく安心して生活できた。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 天気が良ければ徒歩で散歩しながら帰寮。週に2,3回大型スーパーで買い物。宿題。寮の友達と雑談しながら料理。
Weekend(休日の過ごし方) 近郊旅行や、モスクワ市内散策。友達の家訪問。部屋の掃除。一時期はサッカー。
おすすめスポット・旅行先など
大学近くの雀が丘。モスクワから電車で数時間で行ける旧都市群「黄金の輪」めぐり。ペテルブルク。
目標
語学力向上
その成果1
文化理解を深める
その成果2
自力で家事を行い自立した生活を送る
その成果3
今後の課題
語学力は当然向上したが、話す・書く能力を伸ばすにはこれからも努力が必要。行きたくても行けなかった地域を今後機会を見つけて訪れたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
モスクワはロシアの交通の中心で、国内旅行がしやすい。旅行する際は、ぜひ国内の色々なエリアに行ってみてください。ロシア、世界が広がります。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.