基本情報

国名 ドイツ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 ハンブルク大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ドイツ語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 人文学部
留専攻 ドイツ語学
留学期間
開始 2014-10-01
終了 2015-07-31

留学前

留学の目的 ドイツ語能力の向上
ドイツを始めヨーロッパの文化を経験し、見聞を広める。

求められた語学力
英語TOEFL なし
英語 なし
その他 ドイツ語能力B2以上所持の証明
レベル
情報収集方法
先輩
HP
その他
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 10月
ビザ申請方法 ハンブルクのウェルカムセンターにて申請
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 ネットでオープンチケットを予約
履修登録を始めた時期 10月
履修登録方法 大学の履修登録サイトにて
入寮申込みを始めた時期 4月
入寮申込み方法 ハンブルク大学への書類のなかに住居希望の旨を伝える欄がある
住居探しを始めた時期
住居探し方法 住居の選択肢が予め大学側から提示される
保険に加入した時期 9月
保険加入方法 日本とドイツそれぞれで入る
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 9月
語学強化方法 まずはサマーコースから始めて、徐々にレベルの高いドイツ語に触れていった
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
サマーコースに通い、ドイツ語だけでの生活に慣れることを目標に過ごす
10月
大学の授業が始める。オリエンテーションに参加し、新入生の友達をつくったり情報を仕入れる。
11月
自分のドイツ語能力に落胆しつつも必死に講義やゼミにくらいついていく。
12月
ドイツといえばクリスマス。冬期休暇を首を長くして待ちつつ、授業をこなしていく。
1月
2週間のクリスマス休暇が終わると期末試験の期間に突入。
2月
大学の授業は2月初旬にすべておわる。寒さに耐えられず、南ヨーロッパに休暇旅行。
3月
今しかできないことをしたいという思いからSchwalzbaldのどまんなかで4週間ファームステイ。かえがえのない出会いと経験に恵まれた。
4月
イースター休暇があり、2週目から授業がスタート。このころはもう語学の問題はほぼなくなる。
5月
5月末に北ドイツが主のキリスト休暇が約2週間。それを楽しみに必死に課題をこなしていく。
6月
中間試験がある授業も。
7月
学期末試験に追われる日々。レポートは10月までに提出すればいい科目がほとんど。
8月
旅行とインターン
留学生科目
科目名 Wirtschaftliches Schreiben C1
使用言語 ドイツ語
科目名 Idiomatik C1-C2
使用言語 ドイツ語
科目名 Gramatik C!
使用言語 ドイツ語
科目名 Vortrag- und Seimanargespräch
使用言語 ドイツ語
科目名 Vorbereitung für die deutshche Prüfung
使用言語 ドイツ語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Medientheorie
使用言語 ドイツ語
科目名 Varietäten des Deutschen
使用言語 ドイツ語
科目名 Philosophie der Menschenrechte
使用言語 ドイツ語
科目名 Die deutsch-deutsche EInheit 25 Jahre nach der Wende
使用言語 ドイツ語
科目名 Deutsche Literatur
使用言語 ドイツ語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 600€
支払い方法 口座引き落とし
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 4人
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 15分
応募方法 大学を通して
近隣施設 銀行
スーパー
その他の近隣施設) プール
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 中央駅周辺はスリやケンカなどで治安は悪い
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 常にしょっぱい。量が多い。
図書館の評価
図書館についてのコメント 学部図書館の他にStabiと呼ばれる州図書館も大学内にある。24時間開いていてとても便利。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 大学内はWiFiが使用可能。最初の手続きが少し面倒。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 大学敷地内に併設されている。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 特に何もしてくれない。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) タンデム・ルームメイトとアルスター湖周辺をランニング・泳ぎに行く・バイト・BBQ・ルームメイトと料理・映画をみる・友達とカフェに行く
Weekend(休日の過ごし方) 美術館・スポーツバー・ホームパーティ・クラブ・ドイツ国内を旅行・野外フェス
おすすめスポット・旅行先など
ハンブルクは世界遺産にも指定された地区を持っていて、観光客の人気を集めています。モードなエリアや有名なレストランとCaféがそろうエリア、そしてヨーロッパでも有数の港を誇り、1年あっても飽きることはありません。またベルリンまではバスで往復16€と格安です。筆者も留学中愛用させてもらいました。コペンハーゲンを始めとする北欧、チェコなど中欧への旅行にもアクセス抜群です。空港も市の中心から40分なのでヨーロッパ中への旅行も大変しやすいです。
目標
ドイツ語能力の上達
その成果1
ヨーロッパの文化を肌で体験する
その成果2
興味のある仕事分野での経験を積む
その成果3
今後の課題
ドイツ語能力の維持。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.