基本情報

国名 メキシコ
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 メキシコ国立自治大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 スペイン語(ラテンアメリカ)
学年
留学時学年を選択
留学先
学部 政治社会科学
留専攻 国際関係
留学期間
開始 2012-8-01
終了 2013-6-01

留学前

留学の目的 スペイン語能力の向上と、ラテンアメリカの開発、貧困について知識を深め、多角的な視野を得る。メキシコの文化について理解を深める。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他
レベル 以上 / 程度
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP メキシコ国立自治大学HP(http://www.unam.mx/)
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 インターネット等で必要書類を調べ、申請
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネットで予約しました
履修登録を始めた時期 8月
履修登録方法 2週間程の体験期間を経て授業を決めました
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 8月
住居探し方法 留学生向け住居紹介のHPや大学提供のリストから決めました
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 資料を取り寄せ、加入しました
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 必須ではないですがインターネットで調べ、接種しました
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 準備としてDELEを受けました
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
8月
学期はじめ
11月
テスト期間・学期終わり
12月
冬休み
1月
授業再開
6月
学期終わり
留学生科目
科目名 スペイン語
使用言語 スペイン語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 国際条約
使用言語 スペイン語
科目名 メキシコの外交
使用言語 スペイン語
科目名 国際機関
使用言語 スペイン語
科目名 ラテンアメリカ・カリブ
使用言語 スペイン語
科目名 アジア・太平洋
使用言語 スペイン語
居住環境
居住環境 ホームステイ
家賃 21,000
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 30
応募方法 留学生向け住居紹介業者の案内で実際に訪問して決めました。
近隣施設 コンビニ
スーパー
薬局
その他の近隣施設) その他 (ATMは銀行の他、スーパーにある。コンビニにはない。)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
インターネット(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 その他 (                                )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 夜間に一人歩きしない、貴重品はしっかりしまう。友人等から危険な地区などを聞いておく。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 学部ごとにある。
図書館の評価
図書館についてのコメント 図書館も学部ごと、また中央図書館がある。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント ユーザー名等の申請が必要。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 不明点は直接問い合わせる必要がある。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 課題、授業の準備
・部活動への参加
・友人と過ごす
Weekend(休日の過ごし方) 課題、発表準備
・友人と外出
・旅行(長い休みの場合)
おすすめスポット・旅行先など
・グァナファト:カラフルな街並みが有名。
・カンクン:ビーチがとても綺麗なリゾート地。チチェン・イツァ等の遺跡もある。
・首都のDFにも博物館、美術館、遺跡がたくさんあります。メキシコの施設大体で学生証で入場無料か割引になります。
目標
スペイン語能力の向上
その成果1
授業
その成果2
メキシコの文化に触れ、メキシコを知る
その成果3
今後の課題
・スペイン語能力の維持と向上。
・専門分野を深める
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・予想以上に英語を使う機会が多く、日本にいる間に少しでも復習しておくべきだった。
・日本にいる間は読解を中心に勉強をしていたため、現地で口語に慣れるのに大変時間を要してしまった。
・掃除・炊事・洗濯という基本的家事の習慣がなかったため、生活に慣れるのに大変苦労した。

帰国後

進路予定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
メキシコは近年留学先としても人気が出てきており、特にメキシコ国立自治大学はラテンアメリカでも最も権威のある大学のひとつであることから、ラテンアメリカを研究したい方ならとてもいい留学先だと思います。ただ大学側の留学生への対応はあまり良くないので、何事も自分で根気よく問い合わせたり調べる必要があること、また授業ではスペイン語、たくさんの課題、文献に悩まされ、始めは苦労するかと思いますが、懸命にこなすうちに慣れていくはずです。大学の授業以外にも、サークルに参加してみたり、課外活動をしてみるのも色んなひとと知り合えるのでおすすめです。どの国に行っても同じだと思いますが、外国で勉強し、生活することは、日本で当たり前だと思っていたことが必ずしも通用しないということを直に体験することに大きな意義があると思います。私も日々新たな出来事や景色、文化、習慣の違いに遭遇していくことで、自分の視野を広げることができました。メキシコは、地域それぞれにユニークな特徴があり、文化において非常に多様性のある国ですので、勉強・研究の他にも旅行など色んなことを楽しみたい方にも充実した留学生活を送れると思います。ラテンアメリカに興味のある人はぜひ挑戦してほしいです。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.