基本情報

国名 フランス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 パリ第三大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 フランス語
学年
留学時学年を選択
留学先
学部 ARTS&MÉDIAS
留専攻 Médiation Culturelle
留学期間
開始 2012-9-01
終了 2013-7-01

留学前

留学の目的 フランス語力の向上、異文化に触れること、表現・表象の研究など
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 フランス
レベル 以上 / 程度
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP http://www.univ-paris3.fr/  http://www.ambafrance-jp.org/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 ただし、申請書類を揃えるには様々な準備や決定が必要
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅行代理店を通して、一年間のオープンチケット購入
履修登録を始めた時期 9月
履修登録方法 学部と学科のガイダンスの後、履修授業の学科事務で
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 5月
住居探し方法 LODGISという不動産会社を通して
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 大学で紹介された海外旅行保険
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
オリエンテーション、留学生向け語学授業
10月
1学期開始
11月
12月
クリスマス休暇
1月
学期末試験
2月
2学期開始
3月
冬休み
4月
5月
学期末試験
6月
夏休み
7月
夏休み
留学生科目
科目名 フランス語
使用言語 フランス語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 方法論(イメージ分析・小論文・作文ワークショップ)
使用言語 フランス語
科目名 社会科学
使用言語 フランス語
科目名 舞台芸術分析(他学部)
使用言語 フランス語
科目名 劇場史(他学部)
使用言語 フランス語
科目名 舞台芸術の職業と施設(他学部)
使用言語 フランス語
居住環境
家賃 9万(別途補助あり)
支払い方法 口座引落とし
部屋人数(人部屋) 2(1)
家族・同居人(人) 0
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 10
応募方法 日系不動産を通して渡仏前に契約
近隣施設 コンビニ
銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) その他 (   コインランドリー                   )
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 その他 (    ※“冷暖房”はヒーターと扇風機    )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 パリはスリで溢れているため常に警戒が必要
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 建物内は軽食カフェのみ、学外に食堂
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 学内で何かを買えるのは軽食カフェのみ
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 基本的になく対応が悪いが派遣留学生対応長はよかった
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・授業の復習、課題など
・散歩、買い物、スカイプなど
・エシャンジュ
Weekend(休日の過ごし方) ・散歩
・友達と食事
・旅行や日帰りで遠出など
おすすめスポット・旅行先など
・とにかくパリ内は、メトロも便利だが地図さえあれば絶対帰れるので歩き回るのがお勧め
・パリの学生であればパリ内の美術館や諸施設がたいてい無料になりお得です
・フランス国内約10都市の他、周辺諸国など約11カ国を旅しました
目標
・フランス語力の向上
その成果1
・文化に触れる
その成果2
・フランス人学生ならではの授業
その成果3
今後の課題
・フランス語を話す機会をなくさないように
・フランス語ばかりに囲まれて影響を受けた自分の英語を直す
・留学の経験を近い未来にどう生かすか
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・自分からの発信を続けないとしゃべれるようにはならない

帰国後

進路予定
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 検討中
後輩へのアドバイス
留学を終えた今、私は留学できて本当によかったと心から思い、またパリを大好きになりました。語学力の向上や留学先大学での勉学も大切ですが、何よりも、その土地に住んでみて初めて分かること、感じることがたくさんあります。私は、日本と似ているところも、そしてたくさんの違うところもあるパリという場所で生活できて、言葉にはできない魅力と充実感を感じました。一方、留学中にもっと力をいれるべきだったこと、チャレンジできたはずのこともあり、短い留学期間を終えて、もったいなかった、と後悔をしている面もあることは事実です。期間の限られた派遣留学でしたが、このように2つの意味で、できることならもっといたい、いつか必ず戻ってきたい、という思いが強く、今回の留学は私の今後の人生を変える可能性の高い1番貴重で大きな経験の1つとなりました。     留学においては、準備の段階から、明確な目的や意志をもって何でも自分で確認しことを進めて行くのが大変重要です。しかし、同じような経験を既にしたから分かったこと、後悔できていること、アドヴァイスできることもたくさんあると思います。これから留学を考えている皆様が少しでも有意義な留学生活を送れますよう、何か私がお手伝いできそうなことがあれば遠慮なくご連絡ください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.