基本情報

国名 スペイン
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 マドリード自治大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) その他
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 スペイン語(西南ヨーロッパ)
学年
留学時学年を選択
留学先
学部 哲文学部
留専攻 歴史
留学期間
開始 2012-9-01
終了 2013-6-01

留学前

留学の目的 スペイン語の向上
研究対象であるスペイン中世史の履修および深い理解
マイノリティとしての生活の経験とそこから学べる異なる価値観と基準
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 スペイン語
レベル 中上級 程度
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他 留学先大学からTUFSへ交換留学に来ている学生
参考になるHP マドリード自治大学 http://www.uam.es/ss/Satellite/es/home
寮のHP http://www.resa.es/esl/Residencias/Erasmo
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 4月、5月に大使館へ行き、ビザ申請に必要な書類を知る。必要書類が準備出来次第、すぐ申請へ。入学許可書はギリギリに来るので我慢する
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行会社を通して購入。9月頭に到着する飛行機を探す。
履修登録を始めた時期 5月
履修登録方法 HPでシラバスを見る。学部の授業であれば何でも取れる。
正式な登録は現地に着いてから行う。
入寮申込みを始めた時期 4月
入寮申込み方法 4月から募集が出るので申し込みをし、前金を払う。
それから色々と連絡が来るのでそれに従う。
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 5月
保険加入方法 TUFSの留学説明会で保険に関する説明がある。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法 DELEのB2に向けて。
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
9月
履修登録、前期授業開始
10月
スペイン語コース開始
12月
クリスマス休暇
1月
テスト期間
1月
履修変更、後期授業開始
3月
セマナ・サンタ休暇
5月
テスト期間
6月
受ける人は再テスト期間、帰国
留学生科目
科目名 スペイン語
使用言語 スペイン語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択
学部・大学院科目
科目名 古代史
使用言語 スペイン語
科目名 スペイン中世史
使用言語 スペイン語
科目名 ヨーロッパ遺産としての古代ローマ
使用言語 スペイン語
科目名 スペイン近世史
使用言語 スペイン語
科目名 外国語としてのスペイン語:使用法と誤り
使用言語 スペイン語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 7万
支払い方法 現金、カード、現地口座
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人)
門限
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 3
応募方法 ネットで申し込みをし、その後送金や必要書類を寮まで送付する
近隣施設 銀行
郵便局
薬局
その他の近隣施設) その他 (                                )
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 その他 (                                )
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 寮は大学内なので安全だが、たまに署名を押し付けて寄付を募る詐欺がある。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 学部ごとに食堂がある。
図書館の評価
図書館についてのコメント 学部ごとに図書館がある。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント たまに接続が悪いことがあるが問題なし。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・食堂でコーヒーを飲みながら談笑
・自室で課題、復習、予習
・飲みに出かける
Weekend(休日の過ごし方) ・サッカー観戦(スタジアムおよびテレビ)
・まとまった休みがあれば旅行
・テスト期間はずっと自室で勉強
おすすめスポット・旅行先など
・ポルトガル⇒隣国で安く行けるため、お勧めの旅行先
・ソル⇒マドリードの中心地。友達と遊んだり飲みに出かけるのはソル。
・マドリード周辺の都市⇒セゴビア、トレドなど。日帰り旅行に最適。
目標
・スペイン語
その成果1
・学部での授業
その成果2
・将来への布石
その成果3
今後の課題
・スペイン語⇒10ヶ月程度ではそんなに出来るようにはならない、継続が必要
・卒論⇒留学先で良い授業が受けれたので、それをいかに活かすことが出来るか
・友達⇒留学で出会った友達とはこれからもずっと連絡を取り合いたい。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・人種⇒アジア人は目立つので、からかいに直面することもある

帰国後

進路予定
留年
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
留学出来る状況、つまり、寮にも入れて、ビザもOKで、航空券も買った状態であれば特にアドバイスは無いです。留学前は言葉や生活で色々と不安に感じることも多いと思いますが、そんなに気負う必要はないと思います。言葉も生活も、どんなに準備したところで最初は絶対に慣れません。授業も最初は絶対に理解出来ません。僕もそうでした。なので、留学してから少しずつ慣れていけばいいと思います。一番大事なことは、言葉も授業ももちろんですが、友達を沢山作ることです。これは留学先の授業の先生に言われたことです。友達を沢山作って、色々な思い出、その思い出は全てが楽しいものでは無いと思いますが、それを作ることが大事です。ヨーロッパで長く生活出来ることは、ある意味異常な経験です。
まとめると、心配や不安は脇に置いておいて、明るく楽しくハキハキと生きることが大事です。スペインという国では特にそれが重要だと思います。会話やコミュニケーションを大切にする国だと感じたので。手続きや授業や生活のことは以下のアドレスまで質問をくれればいつでもお答えするので、気軽にお願いします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.